FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

オランダの豆知識

オランダ人のお話を聞いてまいりました。                              


彼は日本語がペラペラの若者です。大学に入ってから日本語の勉強を始めたとか。今で大体6年半、日本語を勉強していると話していました。もともと語学が好きだったそうでヨーロッパの言葉を5つ程話せたのですが、新しいものにチャレンジしたいと思って、日本語を選択したそうです。大学在学中に1年間日本に留学し、卒業してから今までの半年間、日本でインターンをしていたそうです。 日本人の彼女が居るそうで、もちろんそれは大きいでしょうね!


彼の卒業したライデン大学はオランダで唯一、日本語が勉強できる大学だそうです。今年度の日本語専攻の1年生は100人ほどだったということです。予想より多いなと思いましたが、全オランダでそれだけだから、と彼は言っていました。


さて、オランダの豆知識ですが、オランダ人は世界で一番背が高いそうです。         それと世界で一番幸せなのはオランダの子どもという調査結果が出たそうです。その理由を聞いてみると、家族を大切にする国民だからではないか、ということでした。仕事は朝8時から4時まで、そして夏は夜遅くまで明るいので、仕事が終わった後、家族でゆったりとワインやチーズを楽しんだりして、くつろぐそうです。また、サイクリングも大変ポピュラーで、自分も家族とともにあちこち行ったと話してくれました。 あくせくせず生活を楽しもうとする生き方が、子どもにも良い影響を与えているのかもしれませんね。            


多民族が住む社会だそうですが、皆、共生していると思うとの言葉でした。ただ一部のイスラム原理主義者が問題を起こすことがあるが、それはごく一部だから、ということでした。


お話を聞いていて、全体的に成熟した社会なんだな、という感じがしました。彼の誠実で穏やかな人柄が、私によけいそう感じさせたのかもしれません。                         

トラックバック
この記事へのトラックバック