FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

加州公立大学は財政赤字のために卒業難。

アメリカ・カリフォルニア州では財政赤字の影響が公立大学にも及んでいるようです。公立大学は州財政に大きく影響を受けるのですねぇ。 日本でも大阪府立大学の改革案が学内で議論されているようですが。http://blog.worldtimes.co.jp/archives/51344801.html (太字ピアーズ)

公立の中学、高校では最近、教師職の10%解雇を断行したばかりだが、このため優秀な生徒を対象にした数学のゲートプログラムも教師が確保できずに中止になった。

 4年制大学に移籍するための単位を取得する役割を果たすコミュニティーカレッジ(CC=2年制公立短大)となると、状況はもっと深刻だ。不況に加えて、4年制大学の授業料が軒並み値上がりしたため、安上がりなCCに学生が殺到。しかし、CCでも予算削減のあおりを受けてクラスの削減、教師職の解雇が相次いでいる。

 この結果、情報工学や看護学など人気科目で在学生の申し込み数に対してクラスが圧倒的に足りず、2年で必要な単位を取得して4年制大学に移籍するという従来のパターンが崩れ、CCで4年はたっぷりかかるということになる。

 これはカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)など人気のある4年制公立大学でも同様で、4年では十分な単位を取得できず、卒業するのに5、6年かかる場合もあるという。

 名門のカリフォルニア大学バークレー校も予算削減で教育レベルが低下数年前までは世界ランキング10位程度に入っていたが、今年は39位にまで低迷した。「黄金州」の異名を持つカリフォルニア州のかつての輝きは限りなく失われつつある。

トラックバック
この記事へのトラックバック