☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関西の国立中学校 

今日は関西にある国立の受け入れ中学校について書いていきます。3校あります。それは大阪教育大学附属池田中学校、神戸大学附属住吉中学校、京都教育大学附属桃山中学校です。受け入れ態勢については、国立小学校の項で書いたものと似ていますが、大きな違いは京都教育大附属桃山中学校が帰国子女学級を持っているということでしょう。どうぞ国立小学校の項も参考になさってください。


さて、大阪教育大学附属池田中学校は1年と2年で受け入れをしています。混入方式を取っており、高校への進学はある程度の成績を取る必要があります。附属池田高校の進学率が良いので希望される方も多いのですが、入ってからついていけないと高校で他校受験ということになります。それなら中学から中高一貫に入っておけば良かったということも有り得ますので、気をつけてくださいね。入学については、在学生になんらかの好影響を与えるであろう生徒を期待していらっしゃるようです。


神戸大学附属住吉中学校は公立中学へのソフトランディングが難しいと思われる生徒を優先して編入学させています。帰国子女学級を作っており、3年間、籍はそこにあります。ただし交流授業も行われていますので、隔離されているわけではありません。暖かい指導を受けられる学校だと思います。ただし高校はありませんので、必ずどこかを受験することになります。それと近く中高一貫校に衣替えされるそうで、そこにはおそらく帰国子女学級は設けられないと思われます。ですので、その発表をよく注意なさっていてください。


京都教育大学附属桃山中学校は1,2年は帰国子女学級で授業を受けますが、3年になると混入方式をとります。神戸大学附属住吉中学校と同様、大変手厚いケアを受けられる学校だと思います。高校もありますが、全員が進学できるわけではなく、大阪教育大池田附属中と同様、一定以上の成績が必要です。


上記のいずれの学校も英語に関しては普通の公立中学校よりレベルの高い授業を受けられる可能性はあると思います。しかし、同志社国際や千里国際といった帰国子女受け入れ専門校のようなものを期待するのは無理かもしれません。


次に私立の中学校について述べるつもりでおりましたが、中高一貫が増加している現在、高校のことも同時に書かざるを得ませんので、次回は公立高校・国立高校について先に言及したいと思います。

トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。