☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学校基本調査の速報値が出ました。

昨年1年間の調査に基づく、平成21年度の学校基本調査の速報値が出ました。http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/08121201/1282646.htm

特に今回の結果で強調されているのは、以下の4点です。

  • 在学者数は,中学校,中等教育学校,特別支援学校では増加し,幼稚園,小学校,高等学校で減少。小学校は過去最低。
  • 平成20年度間の長期欠席者(30日以上の欠席者)のうち,「不登校」を理由とする児童生徒数は12万7千人(2千人減少)。
  • 高等学校等進学率(通信制課程を含む)は97.9%で過去最高,大学等進学率(通信制課程を含む)(現役)は53.9%で過去最高。
  • 大学及び大学院の女子学生の総学生数に占める比率はともに過去最高。大学院の学生数は過去最高。うち社会人は20.8%,うち専門職学位課程では40.3%が社会人。

大学進学率が53.9%となりました。いよいよマーチン・トロウのいうユニバーサル化に入ったようです。大学進学率速報値については、今日の朝日新聞に記事がでていました。 http://www.asahi.com/edu/news/TKY200908060353.html

さて、この学校基本調査には昨年一年間に帰国した帰国児童・生徒数も載っています。それによりますと、小学校で帰国した児童は6596人中学校・中等教育学校前期で帰国した生徒は3133人高校・中等教育学校後期で帰国した生徒は2021人となっています。首都圏の割合が高いですから、関西となるともっと少なくなります。中部もかなり多いですが、それ以外の地域となりますとまたぐっと人数は減ります。決して多くない人数かもしれませんが、一人一人の子どもにとっては大切な人生です。これからもピアーズはそういう子どもさんと保護者を応援していきます。

各都道府県でも学校基本調査をネットで公開しているところもあり、帰国児童・生徒数を見られるところもあります。ただ、各学校毎の人数を把握している市町村は多くはありません。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。