☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
洛南高校、来年より帰国子女の受け入れを開始予定。

国公立大学進学を目指すご家庭にとっては、大きなニュースではないかと存じます。

京都ではトップの進学校の一つ、洛南高校が来年2010年から帰国子女の受け入れを開始されるそうです。JR京都駅から近いということもあって、大阪や阪神方面からの通学者もかなりいらっしゃる学校です。2006年から共学となり、Ⅲ類という特別進学コースに女子も入学できることになりました。女子の場合、中学受験においては偏差値的には関西の最高峰になりつつあります。

受け入れは高校で行われます。一般受験者は5教科入試ですが、帰国生徒の場合は理科・社会は受験はするものの点数は参考にされるだけだということです。英語での高得点はもちろん期待されています。また一般受験生と同様に面接もあります。                                        資格要件ですが、保護者と一緒に海外に2年以上在住、帰国後2年以内となっています。またもありますが、女子の場合は寮がないので、保護者(一方だけでも可)と同居が条件となっています。

今まで帰国枠で受験できる関西の進学実績の非常に高い学校というと、池田附属か西大和ということでした。そこに洛南が加わったことになります。池田附属の場合は、国立ですので入学時の進度はそれほど早いということはないと思いますが、進学校である西大和、そしてこの洛南は他の生徒さんについていけるだけの頑張りが不可欠でしょう。91

洛南中学・高校は空海を開祖とする真言宗の学校です。学校法人「真言宗京都学園」は種智院大学も運営していますが、つい最近、中学・高校と大学の経営を分離するという方針を打ち出しました。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090728-OYT1T00666.htm この記事によりますと、大学は定員割れが続いているそうです。一方、中高のほうはJR桂川駅(西京区)近くに小学校を建設する予定もあります。分離することで、それぞれがうまく運営できれば良いですね。

京都の仏教系の大学というと、佛教大学がありますが、佛教大学(浄土宗・知恩院)では最近まで仏教色を非常に薄めて成功していました。社会学や教育学、福祉の分野が特に有名です。一方、種智院大学は仏教色をずっと強く持っていましたが、10年程前に福祉の学科を新設しました。ですが志願者増にはあまり繋がらなかったようです。                                                      仏教系の大学には種智院大学と同じ真言宗系に高野山大学、浄土真宗の西本願寺系に龍谷大学・京都女子大学・相愛大学など、東本願寺系に大谷大学など、曹洞宗に駒澤大学など、日蓮宗系に立正大学や創価大学(創価学会)などがあります。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。