☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どこでも当初は大変。でも、きっと大丈夫!

首都圏の方からメールを頂きました。
帰国子女の多い首都圏に帰られても、当初は大変なようです。
体験談をいただきましたので、了解を戴いて掲載させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
帰国(中2)当初、「帰国受け入れ校」として有名な公立に越境を申請したら、
断られました。「以前と違い、今は帰国に対して、特別なことはしていない」
と言う理由で「校区の学校にどうぞ」と言うことでした。

結果としてはそれが正解だったんですが。最初はやはり「帰国生が多い」
と言う理由だけでも、すがりたかったのです。

子どもはキンダーからアメリカ現地校におりました。補習校も無い田舎です。
日本の中学生活はそれはそれは不安でいっぱいでした。

幸い通った中学は徒歩10分以内と、便利。徐々にお友達も出来、担任にも恵まれ、今年の卒業式は感無量でした。
勿論、入学して3ヶ月ほどは、親子で涙したものですが・・・・・。

今は帰国枠で受験した高校に通っております。
新しい環境って、最初の内の苦労は当たり前のようです。
目下本人は友達作りや勉強で、楽しみも多いけど、悩みも多い、
と言った生活です。  


                               (by 藤尾)

トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。