FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖トマス大学が学生募集停止

聖トマス大学と聞いて、すぐ分かる方は少ないかもしれませんが、以前の英知大学です。2007年に名前を変更されました。ニュースを見てびっくりしました。ついこの間名前が変わったばかりですし、そこまで大変な状況になっているとは思いませんでした(名前の変更については、英知大学は音的に揶揄の対象とされやすいため、と聞いたことがあります)。また、こういった話は地方の大学の話だろう、と考えていた面もありました。しかし都会には大学も多く、人気は一部の大学に集中しがちです。今後、こういったことも増えてくる可能性もありますねぇ。聖トマス大学に入学して、すぐに母校名が消えてしまうかもしれない、というのはとても辛いことではないでしょうか・・・。 英知大学といえば「生と死を考える」といったグリーフケアが有名です。

http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK200906060076.html                             (以下、一部抜粋)

入学者の大幅な定員割れが続いていた聖トマス大学(兵庫県尼崎市)を運営する学校法人英知学院(同)は、来年度からの学生募集停止を決めた。現在の1年生が卒業する2013年3月末まで運営するが、統合・譲渡先が見つからなければ閉校する可能性もあるという。文部科学省によると、他大学との統合などを除いて4年制大学の閉校は過去1例しかなく、募集停止は近畿で初めて。

1963年に英知大学として開学し、07年度に現名称に変更した。近畿で唯一の男女共学のカトリック系大学。人間文化共生学部のみで、英語や宗教文化の教育で知られる。大学院には宗教文化、英語学英米文学の両専攻がある。現在は大学と大学院で計約600人が学ぶ。

 大学によると、募集定員250人に対し、入学者は08年度が78人、09年度が110人。08年度に幼稚園と小学校の教員免許を取得できる人間発達科学科を新設したが受験生離れは止まらず、09年度の入学者のうち日本人は65人で、海外からの留学生が4割を超えた。

日本私立学校振興・共済事業団によると、入学金や授業料などは私大の総収入の4分の3を占める。大幅な定員割れは経営の圧迫要因だ。

08年度入試で入学者が定員を下回った私大は過去最多の266大学(47.1%)で、定員の半数に満たない私大も過去最多の29大学(5.1%)だった。有力な大手私大に人気が集まる一方、それ以外の私大は苦戦。河合塾の調査によると、09年度の私大一般入試志願者の49.5%が「早慶」や「関関同立」などの有力21私大に集中していた。

 文科省によると、戦後の混乱期や他大学と統合したケースなどを除けば、4年制で廃止されたのは04年1月の立志舘大学(広島県坂町)のみ。募集停止の例は東和大(福岡市、07年度から)、三重中京大(三重県松阪市、10年度から)があるという。

コメント
初めてコメントします。
少し前にここを見つけてから、読ませていただいます。

私の母校なんです。
このニュースを聞いた時、スゴくさびしくなりました。
海外にも系列校が結構あるのに残念です。
2009/06/08(Mon) 18:40 | URL | れい | 【編集
残念なことですよねぇ。
本当にお淋しいことでしょう。
こじんまりした家庭的な大学ですよね。

少子化の流れは、大学経営にとって
厳しいことなのだろうと察します。

大きいところはより大きく、という二極化に
なっちゃうのでしょうか。銀行みたいに?
2009/06/08(Mon) 20:24 | URL | にっこりママ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。