FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

私の進路   ー帰国生OB・OG体験記ー

 はじめまして。さて、「私の進路」を書くことになったわけなのですが、まずは経歴から。
私は1歳から10歳の約9年間、アメリカ合衆国で過ごしていました。アメリカでは現地校と日本語補習校の両方に通い、充実した生活を過ごしました。

日本に帰国し、公立の中学校に進学。中学校では帰国生ということで同級生から心ない言葉を言われることもありました。当時はしんどいなと思うこともありましたが、今ではそれを乗り越えたことで今の自分がいるんだな、と思っています。

公立高校に進学し、休部状態だった体操部を立ち上げたり、国際スポーツ大会のボランティアに参加したり、と活動的な高校生活を送りました。

海洋生物に関心があったので、卒業後はある国立大学の水産学部にAO入試で進学し、生態学の研究室に所属していました。大学でも体操部に入部しましたが、一方でJICAのインターシップ、一人旅、スキューバダイビングなど、多くのことにチャレンジしました。
その後、現在いる東京大学の大学院に進学。研究テーマはラオスの養殖池に関連しており、年に数回現地に出向いて調査や実験を行っています。

少し長くはなりましたが、ご覧の通り私は語学に特化した学生生活は過ごしていません。ですが、英語ができたことで得をしたなと思うことは多々ありました。研究関係で読む論文は全て英語でしたし、学会によっては発表を英語でさせられるものもありました。英語ができたおかげで依頼されたアルバイトもありました。国際化が進む今日、外国語を専門とする学部に行かなくても英語をツールとしてできることはいくらでもあります。自分の強みややりたいことを考えて進路選びをしてもよいかもしれません。

また、学生生活は視野を広げることを心掛けるのもよいと思います。海外生活をして「日本と違うな、世の中にはいろんな価値観を持つ人がいるんだな」と思った人は少なくないのではないでしょうか?同じように、国内でも多様な分野や立場の人がいます。私は多くの人と関わる中で自分の視野を広げ、成長できたと感じています。今後も物事を多角的にみることができる人間になれるように努力していきたいと思っています。

*************

この方は小さい頃から生物に興味をお持ちだったとお母様から伺いました。また英語力も保持され、積極的な姿勢とが相俟って、ご自分のやりたいことをできる分野を選択されていかれたようです。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック