FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

英語の地図帳

先日、大海研(大阪府から日本人学校・補習授業校に派遣された先生方の会)にお邪魔した際に、事務局長から教えていただいた本です。日本の学校では誰しもお世話になった帝国書院の地図帳の英語バージョンだそうです。 地図帳の後ろに載っている資料的な地図も英語で記載されています。海外に持って行かれてもいいですね。現地の方にお見せできそうです。


上記でも中身が見られますが、他にこちらでも別のページが見られます↓http://www.teikokushoin.co.jp/products/map_guide/tachiyomi/discover/_SWF_Window.html

スポンサーサイト



ライターの石渡嶺司氏からメールを戴きました。

以前に書いた記事なのですが、石渡嶺司氏が書かれた本(「進路図鑑2010」)を参考にしていたものがあり、その内容について、著者から直接、解説のメールをいただきました。

当ブログの記事はこちら→http://peerskansai.blog85.fc2.com/blog-entry-1166.html

その中の「東西南北」という言い方について、教えていただきました。それについてはコメント欄に新たに書き加えましたように、20年位前には言われていたのだが、今は死語となっているということでした。

        * * * * *

そして、石渡氏が書かれていた内容について質問をしたところ、再度、詳しくお返事を戴きました。その内容というのは、「近年、首都圏の高校→首都圏の大学、関西圏の高校→関西圏の大学というふうに圏外の大学受験はそれほど多くなくなってきています」というものでした。

お返事によりますと、 「例えば、早稲田大でしたら、以下のようになっています。http://www.waseda.jp/nyusi/e_sch/2010/data2.pdf 
合格者でも71%が関東出身です。この傾向は他大も同様です。

この10年、圏外受験者の減少は進む一方です。そのため、大学側も、早慶などを除く多くの私立大と一部の国公立大では、学外入試・地方入試が進んでいます」 ということでした。

教えていただきましたPDFを見ますと、確かに関東出身者が71%です。他地域を見ますと北海道が1%弱、東北2%、中部11.3%、近畿5%、中国2.7%、四国1.6%、九州沖縄4.2%となっています。関東以外では中部地方出身者が比較的多いですね。

詳細に見ますと、地域の中でも各府県ごとに人数が偏っていることを感じます。関東では埼玉・千葉・東京・神奈川が多いのは当然として、その他として茨城が多いのですね。中部では愛知が圧倒的に多いのですが、静岡も多くなっています。近畿では大阪と兵庫、中国では広島、広島の人数は兵庫と殆ど同数です。九州沖縄では福岡が多く、人数は大阪以上で、地方としては愛知の次に多くなっています。

各大学ごとに、出身者の地域分布の変化を詳細に見ていくと、なかなか面白いかもしれない、と思わされた資料でした。石渡様、有り難うございました。   m_ _m

理科実験教室

かなり以前に書いた記事ですが、関西にもいろいろな実験教室があることをお伝えいたしました。http://peerskansai.blog85.fc2.com/blog-date-20071030.html 

再度、御紹介しておこうかなと思い、記事を再掲しました。上記の記事で取り上げた以外でも、いろいろあるようですよ。特に春休みや夏休みなどには、無料の講習がいろいろな施設で行われていたりします。お探しになってみてくださいね。

上記以外に新たに追加する教室・・・成基学園ダビンチhttp://www.globalkids.co.jp/course/davinci/index.php