FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

「かがくのとも」 「ちいさなかがくのとも」 「たくさんのふしぎ」

 4~6歳向け「かがくのとも」は11月号で500号、3~5歳向け「ちいさなかがくのとも」は7月号で100号。小学校3、4年生向け「たくさんのふしぎ」は3月号で300号を迎えるそうです。http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100301/acd1003010805004-n1.htm

 学研ホールディングスの「科学」と「学習」の休刊など、情報満載の学習雑誌が苦戦を強いられる一方、1冊1テーマが特徴の科学絵本は、発行部数は少ないものの根強い人気を誇っているのだとか。

発行部数は「かがくのとも」が約9万部。40年代のピーク時の約28万部に比べれば激減したが、ここ数年は大きな増減はないという。「ちいさなかがくのとも」は現在約5万部、「たくさんのふしぎ」が約2万3千部と、それぞれ堅調な人気となっているということです。

最近、Hideyoさんのブログ「北京の青空ーその後」から「日経キッズプラス」が休刊になったことを知りましたが(http://kidsplus.nikkeibp.co.jp/index.html)、子どもを巡る雑誌にも息長く続いているものがあると知り、少し安心しました。

スポンサーサイト



早稲田 政経・理工で英語授業のみによる学位プログラム

早稲田大学は、英語による授業のみで学位を取得できるコースを政治経済学術院、理工学術院の4学部・5研究科に設置し、2010年9月に入学する学生の募集を開始しました。http://www.waseda.jp/jp/news09/100215.html 

早稲田大学には日本で最も多い3125人(2009年5月時点)の留学生が在籍しています。英語による学位プログラムについては、すでに1998年4月、アジア太平洋研究科が開始するなど、1学部4研究科(※)で実施してきました。その経験と人的資源を十分に活かし、早稲田大学でなければ得られない世界レベルで質の高い、留学生にとって魅力的・挑戦的なカリキュラムを構築しているとのことです。

また現在、社会科学総合学術院でも2011年9月開始の新コース設置の準備を進められています。

英語授業のみによる学位プログラム
◆政治経済学術院
学 部:政治経済学部
大学院:政治学研究科、経済学研究科

◆理工学術院
学 部:基幹理工学部、創造理工学部、先進理工学部
大学院:基幹理工学研究科、創造理工学研究科、先進理工学研究科

(※)1学部4研究科
国際教養学部、アジア太平洋研究科、情報生産システム研究科、国際情報通信研究科、ビジネススクール(商学研究科ビジネス専攻)

Outline of the International Student Program without Japanese Language Entrance Requirement↓http://www.sci.waseda.ac.jp/admission/youkou/isp/