FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

京都大学化学研究所 第12回  高校生のための化学

~ 化学の最前線を聞く・見る・楽しむ会 ~                 http://www.kuicr.kyoto-u.ac.jp/seminar/pub_sem12.html#program

主 催: 京都大学化学研究所                                                               日 時: 平成21年7月25日(土)10時00分~16時30分
会 場: 京都大学宇治キャンパス
木質ホールおよび各見学サイト(研究室、研究施設など)
〒 611-0011 宇治市五ヶ庄
〔交通〕JR奈良線または京阪宇治線「黄檗(おうばく)」駅下車、徒歩 7分
対 象: 高校生および中学生、教員等
参加費: 無料
プログラム: 10カ所の見学サイトの中から、午前・午後一カ所ずつを訪問し、最先端の研究現場を見学・体験します。
定 員: 先着順約100名 
申込方法: 氏名・所属(学校名)・連絡先住所・電話番号および、下記10の見学・体験サイトの中から、午前の希望サイトと午後の希望サイト(各第1希望から第3希望まで)合計6サイトを記入の上、ホームページ、電子メール、またはFaxにて、下記までお申し込みください。お申し込み後1週間以内に受付受理の連絡がない場合は、下記申込先にお問い合わせください。ご希望のサイトのうち、実際に見学できるサイトについては当日お知らせします。
申込期日: 平成21年7月14日(火)必着
申込先: 京都大学 宇治地区事務部 研究協力課「高校生のための化学」担当
電話:0774-38-3350  Fax:0774-38-3369
E-mail:
kokai2009@uji.kyoto-u.ac.jp

見学サイト
1 カラフルな重い元素の世界~青いケトン~ (有機化学) 午前・午後                                           2 遺伝子データのコンピュータ解析 (バイオ情報学) 午前のみ                                           3 ビーム冷却一極低温ビームへのアプローチ ~冷たいビームとは~(加速器・ビーム科学)午前・午後                                                                                                    4 見てみよう! 超臨界水の世界(物理化学・環境化学) 午前のみ                          5 巨大分子を造って、見て、触ろう! 不思議な高分子(ポリマー)の世界   (高分子化学) 午前・午後                                                                                   6 低温・高圧・極微の世界(無機化学・材料化学) 午前・午後                                7 何の香り? 匂い分子を有機合成!(有機合成化学) 午前・午後                                      8 高強度の光がつくる虹色 (高強度レーザー科学) 午前・午後                                               9 ナタデココを作り、その正体を観察しよう(分子材料化学) 午前・午後                                    10 -196℃の世界を楽しもう ! 超伝導と磁石の不思議(低温物理学)     午前・午後

スポンサーサイト



塾について (海外)

以前から海外子女教育に造詣の深い先生方がよく口にしていらっしゃったのは、「海外でも地域によって塾が整備されているところと、殆ど無いところでは、子どもの日本の受験学力に格差が出てきてしまう、これをどうすれば良いだろうか」という言葉でした。日本の地方と都会以上の差があると言えるかもしれません。

日本人学校には普通、小学校と中学校があります。世界中、どこにいても日本人学校であれば、概ね日本の学力は付けようと思えば付けられます(もちろん、理科や社会などハンデは多少ありますが)。とはいえ日本の中学受験をしようと思うなら、それも、いわゆる偏差値の高い学校を一般受験するなら、塾の助けを借りないとなかなか難しいのは事実でしょう。日本国内でも、そうなのですから。

実際、日本人の多く住む地域ならば、そういった塾も存在していますから、塾の無い地域とはどうしても差が出てきます。厳しい現実だと思います。(必ずしも偏差値の高い中学を一般受験しなくてもよい、とは思いますが)

また、現地校やインターに通いつつも、塾のある地域に住む子ども達の中には、高い日本の学力も持った子どももかなり居ます。もちろん、中には塾がない地域に住んでいても優秀なお子さんもいらっしゃいますが、一般的には日本の受験学力に関してはハンデがあるようです。

帰国受け入れを主とした学校であれば、受験の際に日本の学力はそれほど問われませんから (その代わり、現地で頑張っていないといけませんが)、現地校・インター生で塾の無い地域の方でも大丈夫です。

高校受験ですと、日本人学校の中学校でしっかり学べば、特別な難関校(例えば灘とか・・・)でなければ、子どもさん次第で通ることも十分可能だと思います。もちろん塾があれば、塾に行かれてもよいでしょう。日本人学校も地域によって多少違いはあるでしょうが、日本の公立中学に準ずると考えてよいのではないでしょうか。

最も問題が大きいのは、現地校・インター生で理系高校生向けの塾が無い地域からの日本の大学理系進学かと思います。帰国枠を使うにしても、ちょっとハンデが出てくるように思えます。現地で優秀であり、現地校修了後の短期間に日本の理系分野をマスターできる集中力のある子どもならば、必ずしも不可能ではありませんが。(夏休み毎に日本に帰国して、集中的に日本の理数を学習した高校生のお話も伺ったことがあります)

下に簡単な表を作ってみました。滞在期間にも依りますし、子どもさんにも依るので、一概には言えないものの、条件的には大体こんな感じではないかと思います。もちろん、帰国後に受験まで時間的余裕がある場合は、集中的に学習が進むこともあります。 保護者の方々、塾の先生など色々なご意見をお聞きできればと思います。      

学校種と上級学校受験塾のある地域塾の無い地域

日本人学校小学校

問題殆ど無い問題は少ないが中学一般受験は多少困難
日本人学校中学校問題殆ど無い

問題は比較的少ないが私立超難関高校の一般受験は困難か

現地・インター小学校

帰国枠なら十分可・一般受験可だが簡単ではない

中学受験するなら帰国枠を考える方が良い
現地・インター中学校

帰国枠なら十分可・中には

一般受験できる子もいる

帰国枠を考える方が良い
現地・インター高校

帰国枠なら十分可・AO入試も可・稀に一般受験できる子も

帰国枠なら可。AOも可。  但し難関理系は簡単ではない

帰国後の進学を考えることは必要ですが、現地生活を大切にしようという気持ちは強く持っていて欲しいなと思いますキラキラ(ピンク)                                                                          あえて塾に通わない、という選択肢もあります。                                                   また補習校や通信教育の活用も考えられます。