FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

3割の薬系大学で入学定員割れ‐大学別の明暗くっきり

今年度の入試では、定員充足率が60%未満と、大幅な定員割れを起こした薬学系大学・学部が9校あり、前年度(5校)よりも増加したそうです。また、2年連続して定員割れした大学も目立ち、薬学部の人気に翳りが出ています。とはいえ定員オーバーの大学もあり、大学別に明暗が分かれたとのことです。http://www.yakuji.co.jp/entry10677.html

薬学部を持つ国立大学は、北海道・東北・千葉・東京・富山・金沢・京都・大阪・岡山・広島・徳島・九州・長崎・熊本で、公立大学は岐阜薬科大・静岡県立・名古屋市立と数は多くありません。ですが記事にもありますように、「2000年度から続いた旧設校の定員枠拡大に加え、03年度からの薬系大学新設ラッシュで、右肩上がりに増加。99年度が国公立17校、私立29校で、総定員数8091人だったものが、昨年度までに1万3494人と、1・66倍にまで膨れあがった」のです。

上記記事には具体的な定員割れ大学名も載っています。(以下の枠内に一部抜粋)

2009年度の薬学部入学者数は、昨年度に引き続き総定員数に届かなかった。

今年度は、薬学部6年制がスタートして4年目を迎えたが、新設ラッシュが一段落し、さらに奥羽大学、徳島文理大学、徳島文理大学香川薬学部が、それぞれ60、30、30人の定員削減を行ったことから、総定員数は前年より120人少ない1万3374人となった。

 定員充足率が60%未満と、大幅な定員割れを起こした大学・学部が9校あり、前年度(5校)よりも増加した。また、2年連続して定員割れした大学も目立った。

大きな定員割れが目立つのは、東北地方と激戦区の千葉県、中・四国地方。また、前年度と同様に新設校で定員割れが多かった。定員割れをした大学のうち、昨年も定員割れだったのは20校に及ぶ。そのため、定員削減も余儀なくされるのではと見られ、増え続けた“薬学生”は08年度をピークに減少に転じる可能性も出てきた。

スポンサーサイト



乳幼児が体調を崩さないための摂食リズム

ライオン歯科衛生研究所と桑原未代子歯科医の共同調査で、現在、体調を崩しやすい子どもは、健康状態が良好な子どもと比較して授乳期に夜間の授乳習慣があった子どもが多いことが明らかとなったそうです。

体調を崩しやすい子どもの2人に1人は、「間食の時間を決めていない」「欲しい時に食べる」と回答しており、体調を崩しやすい子どもは、間食の時間が決まっていない子どもが多いことがわかっているとのことです。


規則正しい生活は乳幼児にとって非常に大切だと言えましょう。ただ「規則正しく」が全ての中心になってしまって、時間的にも精神的にも余裕の無い生活になっては本末転倒ですが、夜間授乳については少し工夫を凝らしたほうが良さそうです。おぱい哺乳瓶

 http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0219711_01.pdf (PDFで開きます)