FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国立大学で親への成績通知、増加。

私立大学では成績を親に通知するのが普通になってきているようですが、最近は国立でも親に送付するところが出てきているそうです。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090530-OYT1T00917.htm?from=main2

高校でも親に直接送付はしていませんから、ちょっと驚きます。ですが大学ですと、自宅通学ばかりではありませんから、子どもの様子がさっぱり掴めない、ということもありますので、必要なサービスなのかもしれないですね。

親が知らない間に留年、ということになっていたら困る、ということなのでしょう。でも、きっと昔はそういうことも普通だったんでしょうが。

 国立大 成績通知                                                          親に成績通知を出す国立大(取材で判明分)

スポンサーサイト
こどもの救急電話相談

お仲間が教えてくださった情報です。

小児救急の夜間・休日の電話相談窓口です。厚生労働省が運営しています。病院の診療を受けた方がよいのか、しばらく様子を見ても大丈夫かを聞くことができます。日本全国の電話番号も出ていますよ。(国内からですと、#8000で繋がります)http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html

その他に、病院に連れて行く目安がわかるサイトに「こどもの救急」http://www.kodomo-qq.jp/があります。参考になさってくださいね。

日本中毒情報センターは365日、24時間対応です。                                                                   「中毒110番」大阪 072-727-2499

君が天文学者になる4日間 at 姫路 ー高校生対象ー

本格的な天文研究ができるプログラムです。「この企画では、あなたが知りたい宇宙の謎について天体観測を行い、その観測データを使って、天文学者がおこなっているのと同じような研究を進めることができます。」というふうに書かれています。天文学や宇宙に興味のある高校生の方は、ぜひご参加ください。ただし参加人数は12名と少数です。http://www.nao.ac.jp/kimiten/index.html

実施日時:2009年8月17日(月)10時~8月20日(木)12時 (3泊4日)
場所: 姫路市宿泊型児童館「星の子館」
対象: 高校生または相当年齢の方 12名
参加費: 10000円程度(宿泊代、食事代、傷害保険料含む) この他、会場までの交通費などが必要
応募方法:
下記のテーマの作文を2009年6月20日(土)必着で姫路市宿泊型児童館「星の子館」に送付
作文には、住所・氏名・生年月日・性別・電話番号・学校名・学年を明記
テーマ:「私が知りたい宇宙の謎」という題で、次の2項目に分けて書く。
(a) なぜそれを知りたいのか
(b) その謎を解くにはどうすればよいと思うか
※(a)、(b)合わせて800字程度にまとめ、できるだけ具体的に。
選考の結果は7月中旬頃に各人宛に通知。

 この企画は、科学研究費補助金の助成を得ておこなっているものです。

6月19日(金)、京都にて有償ボランティア講習会(&茶話会)    

あなたの海外生活体験を生かしてください!皆様の海外体験が、これから海外赴任なさる方の役に立つのです!  

社会貢献ができる良い機会だと思います。
ぜひ、ご参加ください。 有償ボランティアですので、謝礼をお渡しいたします。

2月にも開催いたしましたが、京都方面での開催のご要望を何件かいただきましたので、今回は京都市内の便利な場所、ウィングス京都で開催いたします。

海外での貴重な体験は語らないでおくと、みるみる風化していってしまいます。                      (復習しないと、忘却の彼方、というのは子どもの学習も同様ですよね)                     皆様のご体験を、どうぞ大切になさってくださいね。
                                                                        
一人一人のどんな御体験も貴重です。世界のどんな地域にお住まいになっていた方でもOKです。またボランティアしていただく日程につきましても、ご希望に沿うよう調整させていただきます。

企業の海外赴任ガイダンスの内容・テーマ・話し方・心構え等は、しっかりこの講習会で講習させていただきますので、どなたもご安心くださいね。                                         (なんか怪しい斡旋詐欺みたいですが、大丈夫です392  ただ一人当たりの件数は、今のところ、それほど多くはありません・・・。 現在増加中ですので、今後に乞うご期待 ) 

ちょっとだけ勇気を出して、メールをくださいな。楽しい仲間が待ってます!    海外情報だけでなく、教育情報やその他、楽しい情報をシェアしましょう。

講習日時: 6月19日(金) 10時~12時                                           場所: ウィングス京都http://www.wings-kyoto.jp/01wings/03access.html 阪急烏丸、地下鉄四条から徒歩5分                                                          参加費: 500円 (会員は無料です)

申し込み: 6月17日(水)夜8時までに peers_kansai@kym.biglobe.ne.jpへ下記事項をお書き頂き、メールを下さいませ。

①お名前  ②お電話番号                                               ③お住まいの市町村名(大阪・神戸・堺・京都市は区名もお願いします)                      ④渡航なさっていた国・都市名と期間(○年○月~○年○月というふうに。複数あれば全てお願いいたします)                                                                      ⑤お子様がいらっしゃる場合は、滞在期間時の年齢と日本人学校・現地校・インターの別 

************  

講習会後はランチを取りながら、京都の美味しいお店で茶話会をいたします。  こちらも宜しければ気軽にご参加くださいませ。午後だけのご参加もOKです。                             茶話会につきましては、神戸方面でのご要望も何件かいただいておりますので検討中です。   

「海外のお話を聞く会」を開催しました。 ーベトナムー

3月14日にベトナム人女性を囲んで「第一回 海外のお話を聞く会」を開催いたしました。その後、すぐベトナムに帰国なさり、帰国後もご家族のこと、健康面などいろいろ忙しくなさっていました。本日、以下の文章のご了解がいただけましたので、皆様にも当日のお話を少しでもお伝えできたらと存じます。

♡ ♡ ♡ ♡ ♡

まず、お名前の由来からお話くださいました。ベトナム人の名前は苗字から始まります。中国や韓国・日本と同じなのですね。お話くださった女性は、苗字子のような女子を表す文字(最近は付けないこともあるそうです)+明という意味海という意味 というお名前だそうです。「明」も「海」も音としては、漢字から十分連想できる音です。日本と同じく漢字文化圏なのですね。wikiで調べると、漢字文化圏は中国・韓国・ベトナム・日本となっていました。ベトナム語の表記は今はアルファベットになっているそうですが、寺院などには漢字で名称が掲げられているそうです。文法は日本語とはかなり違っているということでした。また発音も日本に無いものが、かなりあるということです。

次に地形について。ベトナムは長い海岸線を持つ細長いS字型をしています。Sの上のへこんだ部分にハノイがあり、Sの底辺の場所にサイゴンがあります。世界遺産にもなっている古都フエはちょうど真ん中の折れ曲がる部分にあります。ハノイは冬はかなり寒く8度くらいになるそうで、湿度が高いために寒さも厳しく感じるということでした。ベトナムの主食はお米で田んぼも田舎にはたくさんあり、またコーヒーの産地としても有名で、ブラジルに次ぐ生産量なんだそうです。

学校の制度についてもお伺いいたしました。現在、小学校は5年間、中学校は4年間の9年間の義務教育となっていますが、以前は中学校3年の8年間の義務教育でした。高校は3年間、大学は4年ないし5年間となっているとのことです。私立大学も最近できてきたそうですが、良い大学といわれているのは国立だそうです。お話くださった女性は大学卒業後に日本のある企業が出している財団の奨学金を受けて、北陸先端科学技術大学院大学に2000年に留学してこられました。渡航時には日本語は殆ど話せず、他の奨学生と一緒に東京の語学学校に入ったのですが、早く北陸の地に慣れる方が良いという大学や奨学金先の意図もあり、すぐに大学院大学のある石川県に行かれました。今でも悔いが残るのは、十分、日本語を学習するチャンスが無かったことだそうです。(でも、とてもお上手ですが) 大学内では英語で学べる体制になっていたということでした。

ベトナムでは外国語として英語を主に学ぶそうですが、フランス語やロシア語を選択することもできるそうです。近年、日本との結びつきが深くなって、日本の企業も多数進出しているので、学校で日本語を外国語として学べるようにしようとする動きがあるとお話くださっていました。民間の日本語学校もたくさんできているそうです。

北陸先端技術科学大学院大学というのはJAISTと略され、1990年に設立された大学院だけの大学です。同じような大学にNAISTと略される奈良先端技術科学大学院大学があるそうです。JAISTはちょっと田舎にあり、寮に住むと町の生活から離れ、アルバイトするところもあまりなかったということでした。

同じベトナムから博士課程の留学生として来られていた今のご主人と出会われ結婚されて、一児のお母さんなのですが、可愛らしくてとてもそんなふうには見えませんでした。ご主人は世界の科学オリンピックのベトナム代表に選ばれたような優秀な方なのだそうです。ベトナムでの結婚式や可愛いお子様の写真を見せていただきました。純白のウエ ディングドレスに身を包む姿、とても綺麗です。結納の時には伝統的な赤のアオ ザイを着るそうです。

まもなくベトナムに戻り、日本の技術を取り入れ、日本との架け橋となるような会社をいずれご主人とともに設立したいと考えていらっしゃいます。すごいですね。ぜひ頑張って貰いたいと思います。いろいろな手続きをするにあたって、ベトナムの役所はまだまだ仕事が遅かったり、日本と違っている面もあると話してくださっていました。長く日本に暮らしたために、帰国するとカルチャーショックを受けることが度々あるそうです。そういった面は私達とも共通しているなぁと感じます。何処も同じなのですね。

でも、ベトナムの人々はとても温かいのだそうです。困っていたら、自分の仕事はほっておいても手伝おうとしてくださるとか。温かくて、お節介焼きなんだそうです。ですから、困ることはないということでした。社交辞令といったことがなく、言葉通りに親切なのだということでした。そして、私達に「ハノイにいらっしゃったら、ぜひ声をかけてください。ご案内しますから」と心からおっしゃってくださっていて、聞いている者一同、すごく嬉しく感じました。

ベトナムは陶器でも有名で、ハノイに来られたら陶器村をご案内します、ということでした。良いものが安い値段で買えるので、日本人は現地で編んだ籠も買って、それに詰めて船便で送ったりもするそうです。また刺繍も有名です。

お話をお伺いしたあと、ご推奨いただいたベトナム・レストランに行きました。飲み物とデザートは好きなだけ戴けるというバイキング方式になっていて、お料理はランチメニューから選択するようになっていました。いろいろなランチメニューを取って、それを皆で回して少しずつ色々なものをいただきました。どれもとても私達の口に合って、美味しくいただけました。ランチをしながらも、ベトナムのアオザイについてやベトナム刺繍、お料理についてなど、いろいろお話くださいました。

帰り道、梅田の雑踏を歩きながら、「ベトナムはいつ日本に追い付けるのだろう?」と独り言のようにおっしゃったのが私には印象的でした。日本(梅田?)のような消費社会になることによって、ベトナムの温かさや良さを失って欲しくないなぁという気持ちもちょっとして、私としては複雑な思いでした。

ーーーーーーーーー

帰宅後、ベトナムの現代史についてちょっとwikiで見てみました。http://ja.wikipedia.org/wiki/ベトナム#.E6.95.99.E8.82.B2

1887年 フランス領インドシナとなる                                                 1940年 日本がフランスとの外交協議の上で北部インドシナに進駐                                            1946年~54年 第一次インドシナ戦争(フランスに対する独立戦争)                            1954年 南北分断される                                                       1962年~75年 第二次インドシナ戦争(ベトナム戦争)                               1976年 南ベトナム消滅。ベトナム社会主義共和国となる。                               1978年 第三次インドシナ戦争(中越戦争。ポル・ポト政権のカンボジアへ侵攻)                                                          1989年 カンボジアから撤兵                                                 1995年 ASEANに入る                                                      2007年 WTOに正式加盟                                                         

私の進路   ー帰国生OB・OG体験記ー

 はじめまして。さて、「私の進路」を書くことになったわけなのですが、まずは経歴から。
私は1歳から10歳の約9年間、アメリカ合衆国で過ごしていました。アメリカでは現地校と日本語補習校の両方に通い、充実した生活を過ごしました。

日本に帰国し、公立の中学校に進学。中学校では帰国生ということで同級生から心ない言葉を言われることもありました。当時はしんどいなと思うこともありましたが、今ではそれを乗り越えたことで今の自分がいるんだな、と思っています。

公立高校に進学し、休部状態だった体操部を立ち上げたり、国際スポーツ大会のボランティアに参加したり、と活動的な高校生活を送りました。

海洋生物に関心があったので、卒業後はある国立大学の水産学部にAO入試で進学し、生態学の研究室に所属していました。大学でも体操部に入部しましたが、一方でJICAのインターシップ、一人旅、スキューバダイビングなど、多くのことにチャレンジしました。
その後、現在いる東京大学の大学院に進学。研究テーマはラオスの養殖池に関連しており、年に数回現地に出向いて調査や実験を行っています。

少し長くはなりましたが、ご覧の通り私は語学に特化した学生生活は過ごしていません。ですが、英語ができたことで得をしたなと思うことは多々ありました。研究関係で読む論文は全て英語でしたし、学会によっては発表を英語でさせられるものもありました。英語ができたおかげで依頼されたアルバイトもありました。国際化が進む今日、外国語を専門とする学部に行かなくても英語をツールとしてできることはいくらでもあります。自分の強みややりたいことを考えて進路選びをしてもよいかもしれません。

また、学生生活は視野を広げることを心掛けるのもよいと思います。海外生活をして「日本と違うな、世の中にはいろんな価値観を持つ人がいるんだな」と思った人は少なくないのではないでしょうか?同じように、国内でも多様な分野や立場の人がいます。私は多くの人と関わる中で自分の視野を広げ、成長できたと感じています。今後も物事を多角的にみることができる人間になれるように努力していきたいと思っています。

*************

この方は小さい頃から生物に興味をお持ちだったとお母様から伺いました。また英語力も保持され、積極的な姿勢とが相俟って、ご自分のやりたいことをできる分野を選択されていかれたようです。

もうすぐホタルの季節です。

初夏、6月に入ると蛍の季節ですね。海外では蛍が見られないところも多いと思います。日本にいらっしゃる方は一度、見に行かれてはいかがでしょう。 闇夜にふーっと光る姿は幻想的です。 私も子どもが幼稚園の頃、車で10分ほどのところにある用水路に、夕食後、ホタルを見に連れて行った記憶があります。「ほ、ほ、ほたる来い」なんて唄ったりして。

関西ホタル ウォッチNAVI ↓http://www.walkerplus.com/hotaru/kansai/index.html

 

裏技二つ・・・ATMで千円札を手に入れたい時、エレベータの押し間違い訂正

★帰国なさって、まずATMでお金をおろす時、万札ばかりでなく千円札が欲しいこともありますよね。そんなときの裏技です。http://www.msng.info/archives/2009/04/atm.php

ATM で例えば3万円おろすと 普通は万札3枚が出てくるけど、
そのうち1万円は1000円札10枚にしてほしかった、
ということはあると思う。

3万円が出てくるのは
3 万 円 確定 と押したからなんだけど、このとき
2 万 1 0 千 円 確定にすれば
多くの ATM では3万円ではなく2万10千円が出てくる。

★これは、あまり必要ない裏技かもしれませんが、エレベータで降りる階を間違えて押す時ってありますよね。私は引っ越したあとも、以前に住んでいたマンションの階をつい無意識で押してしまうことがありました。そんな時に使える裏技です。あまり頻繁に利用して、壊れたらエレベータですから危険ですが。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1113111206

私が良く乗るエレベータは、
一度押して点灯させてしまったボタンを、素早く2回押すことで消灯させることが出来ます。 ダブルクリックみたいな感じで、取り消せます。
ダブルクリックで取り消せる物と取り消せない物があります。
女子中高生 夏の学校2009 ー科学・技術者のたまごたちへー

科学技術振興機構の女子中高生理系進路選択支援事業です。埼玉で開催されますが、交通費が2万5千円以上の場合は一部補助されるそうです。http://www.natsugaku.net/index.html

期日: 平成21年8月13日(木)~8月15日(土) 2泊3日                                          会場: (独)国立女性教育会館 (埼玉県比企郡嵐山町菅谷)                                                          募集人員:科学・技術の分野に興味のある女子中学3年生・女子高校生100名
       保護者・教員 50名
申込期間:2009年6月1日(月)~6月30日(火)午後5時締め切り
所要経費:参加費は無料
(1) 宿泊費は、女子中高生・保護者・教員とも「夏の学校」期間中(前後泊ともに)1泊1,000円
(2) 期間中の食事は、国立女性教育会館内のレストランで。 食費は、1食1,000円程度(カフェテリア方式)
なお、懇親会費は2,000円、2日目の昼食のお弁当は800円
(3) 参加女子中高生の交通費につきましては、往復25,000円を超える料金の一部を補助(往復学生割引適用時)。補助希望者は当日、印鑑をお持ちください。 

内容(一部):                                                        キャリア講演<中高生、保護者・教員等共通>
企業での研究、なぜその進路を選んだか、また結婚や子育てとの両立についての講演
講師 橋本隆子元リコーソフトウェア研究開発本部 (現千葉商科大学 商経学部 准教授) 

豊穣なる星の世界「すばる」ライブ <中高生、保護者・教員共通>
自然科学研究機構国立天文台ハワイ観測所と結び、日本の誇る「すばる」望遠鏡や国際天 文台で働く人たちとリアルタイムでコミュニケーションします。また、ライブの天体ショーを体験

サイエンスエクスプローラー(科学探検隊)Ⅰ<中高生>
サイエンスの世界を探検し、サイエンスの宝を探します。 予め希望した実験・実習A~Hを行い、研究者・技術者と交流し、自分なりの発見

天体観望会<オプション企画>
天体望遠鏡で武蔵嵐山の空を観測します。サイエンスエクスプローラーの天体実験に参加した中高生は、自ら組み立てた望遠鏡を使って観測                                                       

来週の関学上ヶ原キャンパス見学会の日程につきまして。

関関同立の中で、広く帰国生を受け入れている大学として関学と立命館があります。(関大は一部の学部で受け入れをしています)

この記事はピアーズ・ニュースをお届けしている皆様には既にお伝えしていました来週の関学上ヶ原キャンパス見学会についてです。お申し込みをいただいた方々には直接メールを差し上げたつもりですが、一部にお伝えできてない方がいらっしゃるのではと思いまして、ブログに記載させていただきます。

新型インフルエンザによる休校を懸念しておりましたが、来週は休校措置も解除されるようです。つきましては、見学会を実施したいと思っております。既に、入試担当には連絡済みでございます。

日程、集合時間などについて、ご連絡が漏れた方は早急にピアーズ@関西までメールを下さいませ。同窓会館のレストラン予約(それほど高くはありません)もございますので、なるべく早くご連絡をいただけると大変有り難く存じます。    よろしくお願い申し上げます。 <(_ _)> 

大阪女子大跡地、3府立高校跡地を学校法人に購入募る。

少子化や自治体の財政状況ということもあり、公立学校の統合や廃止を耳にします。こんなニュースがネットに出ていました。http://www.kentsu.co.jp/osaka/news/p01123.html (以下、一部抜粋)               少し寂しいニュースですが、うまく活用されればいいなぁと思います。

大阪府は、府立学校跡地について学校法人からの購入希望を募っている。6月1日まで問い合わせを受け付け、購入希望がない場合、一般競争入札による売却に移行する。

▽府立大学大仙キャンパス跡地(旧大阪女子大学)・・・2005年の府立大学統合(大阪府立大学、大阪女子大学、大阪府立看護大学)により廃止。9棟延べ約1万9,230㎡の施設が残っている。

▽守口高等学校跡地(04年3月末閉校)-全体2万7,306㎡のうち約1万5,000㎡を売却予定。

▽枚方西高等学校跡地(06年3月末閉校)-全体敷地3万2,985㎡。一部活用予定。

▽少路高等学校跡地(09年3月末閉校)-3万2,999㎡。

大阪府千里留学生会館跡地は関西大学がコンペで優先交渉者に決定し、計画では同大学の国際拠点になるそうです。

新型インフルエンザ、関空で減便が相次ぐ予定

今朝のNHKのニュースです。関西で新型インフルエンザが流行しているため、関西に来る人、また関西から出発する人が減っており、関西国際空港には大きな影響が出ているようです。その結果、運行中止や欠航が予定されるものも出てきました。http://www3.nhk.or.jp/news/k10013164251000.html#

ロサンゼルス便・・・・エバー航空。6月15日から10月下旬まで運行中止。アメリカ本土への直行便はサンフランシスコ便だけになるようです。                  

タイ便・・・タイ国際航空。タイの政情不安も重なり、5月27日以降、バンコクへの12便を欠航します。

オーストラリア・ニュージーランド便・・・5月25日以降、36便が欠航予定。                                                                 

夢を持つ大切さ   ~モチベーション~

今日の(あ、もう昨日ですね)話し合いの中で出てきたこと。「やる気」をどう育てるか。うまくいかずに、ちょっとばかり子どもが投げやりな気持ちになっているようで、流されて暮らしている時、どう導けばいいのでしょう、ということでした。

お子さんの状況や性格、年齢によって対応の仕方はさまざまだと思います。  たまたま、そのお子さんはかなり大きい方でした。将来像を具体的に描くこと、その中に子どもさん自身の夢をうまく嵌めこんでいくことが大事なのではないかしら、という気がいたしました。

もちろん、青春は迷いの時ではあろうかと思います。ですが、「やる気」が出てくるためにはポジティブな気持ちになることが必要です。それには「夢」が大きな役割を果たすでしょう。

とはいえ、やみくもな「夢」を語られても、親はなかなか理解できませんし納得できないものです。どうやれば実現可能性が高まるかを考える、その思考過程を養うような支援が必要なように思います。

別に親にいちいち夢を語って貰わなくてもいいのですが、夢そのものがないと「やる気」もなかなか湧きません。とはいえ実現の方策も無い、ほんとうに夢のような「夢」であっては、いずれ子どもさん自身が自分を信じることができなくなってくるでしょう。

夢破れることはあるかもしれませんが、まずは何かやってみたいことを見付けて、具体的に取り組めればいいですね。人生に運はつきものですが、それでも夢への思いを持って励めば、まだまだ若いのですから、自分で人生を形作っていくことができるはずです。前途は広いのです。自分に合った道を試行錯誤しながら見付けていってもらいたいと、人生の入り口に立つ子ども達を蔭ながら応援する気持ちでいっぱいです。そして、お母さん方も応援してますよ!


それと、もう一つ出てきた話題は、この新型インフルエンザ禍について。やっぱり、ちょっとばかり外から目線になるのは、我々だからでしょうか・・・。もちろん全てに批判的なわけじゃありませんが、少し驚くようなこともありますものですから・・・。

手作りマスクはいかがでしょう?

巷ではマスク売り切れの状況ですが、手作りマスクなどはいかがでしょう。  「手作りマスク 作り方」「手作りマスク 型紙」などで検索すると、いろいろ出てきますよ。

立体的なものもあります。不織布とかを使うとできるのでしょうね。ガーゼを使ったものもありますが、抗菌フィルターを挟めるようなものもあるようです。ガーゼでも柄物がありますし、ハンカチなどをうまく転用して裁断してもいいですね。家にいらっしゃるお子様と一緒にチクチク縫ってもいいですね。丈夫にするための返し縫い・袋縫いとかを教えてあげてください。お洗濯は手洗いのほうがいいかもしれません。

お子様だったら、可愛いし良いのではないでしょうか。お父様にはちょっと無理かもしれませんが・・・。マスク  

明日、渡航前生活相談会 & 帰国教育相談会 決行します!   (本のプレゼント付き)

新型インフルエンザが蔓延しており、明日の相談会参加にキャンセルが出ています。ですが、すでに部屋の予約も済ませておりますので、開催したいと存じます。まだ参加を受け付けておりますが、ご参加の際には、どうぞ自己責任でお願いしたく存じます。

5月ですので、帰国後、学校に入ったものの、まだ馴染めない、当初は楽しそうだったが、今頃になって5月病?なのか、学校に行くのがしんどそうだ、といったお子様も出てきていらっしゃるかもしれません。どうぞ、お気軽にご参加くださいませ。(もちろん、楽しそうに通っている、という方もどうぞ)

なお、渡航前相談にご参加の方には、とても役立つ本「海外赴任ガイド2009年度版」(市価1260円)をプレゼントいたします。  また帰国なさった方には、財団がお作りになった「外国語保持のために」というリーフレットを差し上げます。

*****************

日時: 2009年5月22日(金) 10時~12時                                            場所: 大阪・梅田東学習ルーム (阪急三番街からすぐ。1階にベネトンの入ったヤンマービルとパンチコ屋の間を東へすぐ、右手。) 

梅田東生涯学習ルーム 梅田東学習ルーム 画像クリックで拡大可                     

内容:                                                                     ●渡航予定の方へ「海外生活相談会」(赴任前相談)・・・渡航先に赴任していた人が相談に乗ります。インターネットだけでは伝わらない、現地の様子を感じてください。                                                            ●帰国した方へ「帰国教育相談会」・・・いろいろな受け入れ校にやらせている保護者が相談に乗ります。帰国後に持つ違和感についてのご相談や英語保持についてのヒントも。

◎今回は茶話会形式で行いますので、どなたでも気軽にお越しくださいませ。個人面談をご希望の方はその旨をメールでお知らせください。

参加費: 500円 (茶菓と本プレゼント付き) 会員は無料                                                              申込: 本日の夜9時までに、 peers_kansai@kym.biglobe.ne.jp にお申し込みください。お子様連れの方は玩具などお持ちくださいね。

なお、お申し込み時に、以下の項目について、書ける範囲でお知らせくださいませ。より適切な情報を提供するためです。情報秘匿には十分留意いたします。

「帰国教育相談会」のお申し込み                                               1. お名前 2.お電話番号                                                              3. お子様の年齢と性別 4.滞在国と日本人学校・現地校・インターの別                         5. 滞在年数、帰国時期 6.帰国する府県、関心のある学校3校(もっとあれば、お書きくださって結構です)                                                              7. 特にお聞きになりたいこと

「渡航前海外生活相談会」のお申し込み                                                      1. お名前 2.お電話番号                                                            3. 赴任国・都市名 4.滞在予定年数と出発予定日                                     5. 特にお知りになりたいこと                                                      なお、お子様がいらっしゃる場合は                                               6. お子様の年齢と性別                                                    7. 日本人学校・インター・現地校のどこを考えていらっしゃるのか                                  8. 教育について気になっていらっしゃること

*******************

相談会後はランチをいたします。こちらも気軽にご参加くださいませ。

遠距離に住む高齢者向けサービス

日本に高齢の親を残す場合など、心配が尽きないことと思います。お一人暮らしなら、高齢でなくても心配なこともあるでしょう。

そんな時に役立つサービスがあるので、お知らせいたします。

まず「海を越えるケアの手」というNPOがあります。海外在住経験者と介護専門分野の方が連携してスタートなさいました。高齢者の介護の相談、支援プラン作成、支援サービスを受けるための代行など様々な代行サービス、緊急時支援などを行っていらっしゃいます。日本全国どこででもサービスを受けることができるそうです。http://www.seacare.or.jp/


他に、大阪ガスが行っている「おまもりコール・ハイパー」では、家の中にセンサーを取り付けて、長時間動きが無いときにはメールで知らせてくれるというものがあります。http://www.oss-og.co.jp/care/home/omamorihyper/index.htm

 また象印魔法ビンが提供している「みまもりほっとライン」というものがあります。毎日、ポットを使うことで元気かどうかを確認するもので、メールで一日2回、無事を知らせてくれます。月3150円と安価です。今年6月30日まで、1ヶ月間無料キャンペーンが実施されています。http://www.mimamori.net/

もう一つは、毎日電話をかけて安全を確かめてくれるサービスです。月1回の電話というものもあります。他にも健康相談といった色々なサービスを提供している会社で、安全センター株式会社といいます。http://www.anzen-1.co.jp/file/odenwa/index.html

一時帰国予定の方に、お得情報

既にご存知の方はご存知の情報だとは思いますが、知らない方もいらっしゃると思いますのでお伝えしておきます。

一つは、海外在住者は日本国内の航空路線がどこでも1万円で乗れるというサービスです。ただしJALでしたらJALまたはJALグループ便で、ANAでしたらANAまたはスターアライアンスの航空会社で海外往復をしていなければいけません。 (JAL ANA)                                                   

例えば、一時帰国中に遠くの学校を受験するとか、遠くの実家を訪れるという場合には、大変助かりますよね。


もう一つのお得情報は、デパートや家電量販店である程度の金額以上(多くは1万円以上)の買い物をした場合、5%の消費税を免税されるということです。パスポートとレシートが必要なようですが、手続きは簡単で、その場でキャッシュバックされるようです。 (以下の2つのブログ参照)                               http://infinite-harmony.spaces.live.com/blog/cns!EEFEFF8C26276792!258.entry          http://goengland.jugem.jp/?eid=279

こちらも利用されたら、お得だと思います。392

海外危機管理の講習会に参加しました。

「海外危機管理」の講習会に行ってまいりました。世界中では様々なリスクがあることを、改めて感じました。戦争・紛争(世界のどこかで絶えず起こっています)、テロ(9.11をはじめ、ムンバイなどあちこちで)、暴動・政変(バンコクなどあちこちで)、災害(大津波、大地震など)、病気(SARS、新型インフルエンザなど)、犯罪(誘拐事件など)、事故(例えばハドソン川の飛行機事故、自動車事故など)、そして病気・自殺などもあります。また軽微なものとして、強盗・スリといったものも少なくないということです。

そういった危機に、企業はどう対応するか、また個人はどう行動すればいいのか、といったことをあらかじめ想定しておくことが大切なようです。起こるかもしれない、起こらないかもしれない、といったことはついつい後回しになりますが、予防、準備、危機対応、再発防止といったことを考えておくことは大切だと話されていました。

まずは情報収集が大切で、テレビ・ネット・外務省ホームページなどをチェックしておきましょう、ということでした。現地では大使館や領事館も重要な情報源です。また現地メディア・現地の人々からも収集することは重要でしょう。逆に、日本では大きく報道されていても、現地は案外、冷静といったこともありえます。

現地での住居選定では、治安状況、他の日本人の居住エリアの確認、買い物・学校・通勤ルートの確認、建物そのものの安全度のチェックも必要です。

医療にはメンタルヘルスといった観点も必要です。中国では日本人の自殺がかなり多いという事実もあるそうです。(日本人の絶対数が多いことと、単身の人が多いといったこともあるのかもしれない、ということです)

また、とりわけ途上国においては、医療には十分な保障が必要だということでした。場合によっては、小型ジェットやヘリによる救急輸送が必要なこともあるから、ということでした。

心配しすぎることは無いかもしれませんが、イザという時には迅速な対応ができるよう、いろいろな想定をしておくことが大切だなぁと思った講習会でした。

JOBA、受け入れ校案内サイトの立ち上げ ー立命館宇治中学校・高等学校ー

帰国子女の塾として有名な東京のJOBAさんが、帰国子女受け入れ校のサイトを立ち上げられました。これから順次増えていくのだと思いますが、関西ではまず立命館宇治が取り上げられました。

受け入れ後の態勢などについて、詳しく聞いてくださっています。どうぞ、参考になさってくださいね。

http://www.jolnet.com/school/coeducation/ritsumeikan-uji.html

ジュンク堂、ネット注文の送料無料に (来年3月まで)

ジュンク堂のネット販売が、クレジットカードで買う人に対して、送料無料キャンペーンを行っています。登録が必要なようですが、無料で登録できます。                                                    嬉しいキャンペーンですね。 http://www.owlbooks.jp/

3割の薬系大学で入学定員割れ‐大学別の明暗くっきり

今年度の入試では、定員充足率が60%未満と、大幅な定員割れを起こした薬学系大学・学部が9校あり、前年度(5校)よりも増加したそうです。また、2年連続して定員割れした大学も目立ち、薬学部の人気に翳りが出ています。とはいえ定員オーバーの大学もあり、大学別に明暗が分かれたとのことです。http://www.yakuji.co.jp/entry10677.html

薬学部を持つ国立大学は、北海道・東北・千葉・東京・富山・金沢・京都・大阪・岡山・広島・徳島・九州・長崎・熊本で、公立大学は岐阜薬科大・静岡県立・名古屋市立と数は多くありません。ですが記事にもありますように、「2000年度から続いた旧設校の定員枠拡大に加え、03年度からの薬系大学新設ラッシュで、右肩上がりに増加。99年度が国公立17校、私立29校で、総定員数8091人だったものが、昨年度までに1万3494人と、1・66倍にまで膨れあがった」のです。

上記記事には具体的な定員割れ大学名も載っています。(以下の枠内に一部抜粋)

2009年度の薬学部入学者数は、昨年度に引き続き総定員数に届かなかった。

今年度は、薬学部6年制がスタートして4年目を迎えたが、新設ラッシュが一段落し、さらに奥羽大学、徳島文理大学、徳島文理大学香川薬学部が、それぞれ60、30、30人の定員削減を行ったことから、総定員数は前年より120人少ない1万3374人となった。

 定員充足率が60%未満と、大幅な定員割れを起こした大学・学部が9校あり、前年度(5校)よりも増加した。また、2年連続して定員割れした大学も目立った。

大きな定員割れが目立つのは、東北地方と激戦区の千葉県、中・四国地方。また、前年度と同様に新設校で定員割れが多かった。定員割れをした大学のうち、昨年も定員割れだったのは20校に及ぶ。そのため、定員削減も余儀なくされるのではと見られ、増え続けた“薬学生”は08年度をピークに減少に転じる可能性も出てきた。

乳幼児が体調を崩さないための摂食リズム

ライオン歯科衛生研究所と桑原未代子歯科医の共同調査で、現在、体調を崩しやすい子どもは、健康状態が良好な子どもと比較して授乳期に夜間の授乳習慣があった子どもが多いことが明らかとなったそうです。

体調を崩しやすい子どもの2人に1人は、「間食の時間を決めていない」「欲しい時に食べる」と回答しており、体調を崩しやすい子どもは、間食の時間が決まっていない子どもが多いことがわかっているとのことです。


規則正しい生活は乳幼児にとって非常に大切だと言えましょう。ただ「規則正しく」が全ての中心になってしまって、時間的にも精神的にも余裕の無い生活になっては本末転倒ですが、夜間授乳については少し工夫を凝らしたほうが良さそうです。おぱい哺乳瓶

 http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0219711_01.pdf (PDFで開きます)

大阪府公立高校のスーパー進学校計画

2008年11月6日、2009年1月31日の記事で、橋下知事の大阪府公立高校のエリート校計画についてお伝えいたしましたが( http://peerskansai.blog85.fc2.com/?q=%C2%E7%BA%E5%A1%A1%B8%F8%CE%A9%A1%A1%A5%A8%A5%EA%A1%BC%A5%C8%B9%BB)読売新聞にそれに関する記事が出ていましたので、お伝えいたします。http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/renai/20090516-OYT8T00234.htm(以下、一部抜粋)

大阪市淀川区の府立北野高校。手塚治虫、梶井基次郎ら数々の才人を輩出した創立136年の名門は、府内屈指の進学校としても知られる。

 4月の昼休み。3年生の教室で、生徒6人が前回の数学演習で出された問題の解答を黒板に書き始めた。通常より長い65分の授業時間を少しでも無駄にしないよう、チャイムと同時に教諭が解説を始められるようにするためだ。

 始業時間は午前8時10分。土曜も大半の生徒が登校し、補講を受ける。3年生の場合、夏休みは20日しかなく、残りは授業に充てられる。

 2008年度、京都大学と大阪大学に計111人(現役74人)が合格した。男子生徒は「授業をしっかりやれば、第一志望に受かるはず」と信頼を寄せる。

 

受験対策に本腰を入れ始めたのは、一部の進学校だけではない。

 春休みも終わりに近づいた4月3日。大阪府岸和田市の府立久米田高校の新3年生12人が真剣な表情で黒板を見つめていた。大阪教育大学(同府柏原市)内に借りた教室の窓の外は、やがて真っ暗になった。

 「鬼勉(おにべん)」。進学を希望する生徒を対象にした2泊3日の勉強合宿は、そう呼ばれている。初日、2日目と勉強時間は10時間を超えたが、夜中も自習する生徒がいた。ある生徒は「みんなが勉強しているので励みになる」と話す。

 合宿は昨夏に続いて2度目。今春、合宿参加者が、同校としては8年ぶりに国立大の一般入試で現役合格を果たした。吉川測雄(のりお)校長は「生徒の自己実現のためには、受験対策も大切な要素」と主張する。

 5月からは土曜に受験対策講習を始めた。夏休みには3度目の勉強合宿も計画する。

こうした取り組みには「府立高校の予備校化」との反発も強い。ある校長は「難関大志望者が優遇されるだけ」と批判。教育評論家の尾木直樹・法政大学教授は「部活や行事で生徒を伸ばす公立の利点が失われる」と警鐘を鳴らす。

 府立高校での受験指導は、公教育のあり方を巡る論議も巻き起こしている。

学校をストリートビューで公開しませんか?

グーグルはストリートビューで行楽地や大学など施設内を撮影して公開していくプログラムを発表しました。施設運営者の申し込みに応じて実施していくとのことです。ですから撮影してもらいたい場合は申し込まなければいけません。http://journal.mycom.co.jp/news/2009/05/13/031/

大学など学校がどんどん応募してくださったら良いのになぁと思います。無料ですし、構内を自転車のような小回りのきくもので撮影してくれるようです。このプログラムを利用するメリットとして、世界中に施設をアピールできる・Web APIを利用して自身のWebサイトにストリートビュー画像を表示できる、などの点があるそうです。

私達ピアーズも許可をいただいて、独自に学内を動画で撮影できたらいいなぁと思います。担当者の先生のお話も許可をいただけるなら、撮影させていただきたいところです。

新型インフルエンザが関西で感染拡大

海外の皆様もすでにご存知だと思いますが、今、神戸と大阪で新型インフルエンザの感染が拡大しています。現在のとtころ、主に高校を中心として患者が発生しています。

そのため、学校の休校が相次いでおり、神戸市や芦屋市、茨木市・豊中市・吹田市・箕面市などの学校が1週間程度の休校となりました。大阪府全域の中学・高校にも休校要請が出ていますが、政令都市の大阪市・堺市は独自の判断に任されるようです。

街の様子ですが、マスクは売り切れが続出ですが、マスク着用率は昨日までは、それほど高いようには見えませんでした。梅田まで行きましたが、電車内や街での着用率は1割から2割程度という感じでした。

ですが、今日は夫は会社からマスク着用指令が出たとかで、以前に買い置いていたものを持って出ました。これから着用率はアップしていくことでしょう。    (※なお、昨夜の時点では、ネットではマスクを買えたというメールをお友達からいただきました。今はどうでしょうか・・・)


学校訪問ですが、学校の休校が相次ぎ、またメンバーの子どもさんが休校で家に居て出られない、ということもあり、ちょっと先行き不安な面もあります・・・。  できるだけ、頑張って伺っていきたいと思いますが、学校も大変なようですので・・・。

プリスクール、デイケア、ナーサリーなどを調べるサイト (アメリカ)

以前にもご紹介をしたことのあるサイト「アメリカ現地校悩み相談室」(http://www.faminet.net/komet/faq/index.htm)に載っていたアメリカ現地のサイトです。

アメリカ国内のプリスクールやナーサリー、デイケアを調べられるサイトです。私も子どもを通わせていた昔懐かしい幼稚園を見付けて嬉しくなりました。当時、いろいろな幼稚園を見て回ったので、たくさんのデイケアやプリスクール名に心当たりがあり、とっても懐かしいでしたよ。↓http://www.savvysource.com/preschools/ アップロードファイルにっこり


なお、「アメリカ現地校悩み相談室」を知ったのは、ファミメールというメルマガからです。  http://archive.mag2.com/0000071241/index.html                        

高校生のための「超」教養講座 ーネットで大学の講座をー

すぐ下の記事にありますWAOという会社が運営していらっしゃる高校生向けの大学公開講座です。http://kyoyo.wao.ne.jp/

テーマは様々で、どれも興味深いものです。今後もどんどん追加されるようです。

・「ナスカの地上絵を科学する」 ~謎はどこまで解明されたのか                            ・ 「コンピュータ・グラフィックス」 ~その仕組みと応用                                   ・ 「国際貿易の原理」   ~スミスの絶対生産費説とリカードの比較生産費説                  ・「地球温暖化ガス、フロンの無害化による資源再生」                                        ・「ナノバイオテクノロジー」  ~私たちの生活を変える最先端技術                       ・「北国の環境を考えた 光技術の応用」  ~発光ダイオード(LED)を人工太陽に                                                                                                                      

科学実験を動画で公開  ーWAOサイエンス倶楽部ー

科学に強い子を育てよう、ということで、さまざまな科学実験を動画で公開しているサイトです。WAOサイエンス倶楽部というサイトで、能開センターという塾も経営している会社が運営していらっしゃいます。

WAOサイエンス倶楽部→http://science.wao.ne.jp/ フラスコ試験管ホールピペット

宇宙のことが学べるサイト ー小学生向きー

宇宙に興味を持つ子どもさんに、興味深いサイトです。

宇宙科学研究本部キッズサイト「ウチュ~ンズ」↓ http://www.kids.isas.jaxa.jp/

 

京都大学で高校生向けの最先端物理学講演会

ストレンジネスで探るクォーク多体系

自然界の最小構成要素の振る舞いについて人類は紀元前より考え続け、現代でも最先端の研究のテーマです。現代物理学で解き明かされている最小構成要素はクォークです。講演会では、このクォークが集まることで初めて現れる不思議な性質の謎にせまります。                                                             (申込・アクセス等はこちらから↓http://nexus.kek.jp/Tokutei/Lecture/index.html


高校生200名 入場料無料
(一般の方のご来場も歓迎です。)
5月1日(金)~5月29日(金)
※ただし、定員になり次第締め切り

2009年5月30日(土)14:30
京都大学大学院理学研究科 6号館401号室
(吉田キャンパス 北部構内)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

永江知文 (京都大学理学研究科 教授)
いま、動き出す最新大型加速器施設J-PARCにせまる。 ストレンジネスで探るクォーク多体系の世界を語る。

肥山詠美子 (理化学研究所 准主任研究員)
理系はおもしろい!どうしたら研究者になれるの? ストレンジネスをもつ原子核(ハイパー核)の性質を解き明かす。

中野貴志 (大阪大学核物理研究センター 教授)
クォーク5つのペンタクォークの存在。最新実験結果から。物質の最小要素クォークは、2つもしくは3つの組みでしか存在しないのか?  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。