FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

これから外国の方がもっと増えますね。

お仲間から情報をいただきました。それは日経新聞の「福田康夫首相が掲げる「留学生30万人計画」の実現に向け、法務省は1日、日本の大学などに留学する外国人の入国審査を簡素化する方針を決めた。」というものです。http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080501AT3S2700601052008.html

この記事のすぐ下には「ローソンが新卒採用の1/3を外国人に」という記事や、「中東各国、日本の大学と交流強化」といった記事が出ています。

また読売新聞には「外務、法務両省は1日、日本語を話せる外国人の入国・滞在を優遇する方針を固めた。」という記事も出ています。http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080501-OYT1T00848.htm

これから日本にも外国の方がもっと増えていくことでしょう。大学もグローバルな基準で考えないといけないでしょうし、また少子化という現実もあります。そして日本は人口の自然減少というはっきりとした将来に備えて、外国の方々の助けがないとやっていけなくなるということなのでしょうね。

そうなると、もちろん外国人子弟の教育の問題もますますクローズアップされていくことでしょう。学校の門戸開放や、子ども達への日本語教育など、取り組むべき課題はいろいろあります。私達自身の受け入れ姿勢が問われることにもなりますよね。

帰国子女問題より、どちらかというと経済的なことや言語のこと、エスニシティといった様々な課題のある外国人子女問題のほうに重きがかかってくるのは仕方の無いことかもしれません。ですが、マイノリティ感覚(人によって違うでしょうが)という気持の上での共通点、また日本語力や日本的学力への不安など共通点も多いもの。互いに理解しあえる部分を大切にしたいですね。

スポンサーサイト



関西各大学の学生のイメージ

日経新聞京都支局がネットを通じて近畿2府4県に住む15歳から69歳の1000人に、学生数1万人以上の近畿の10大学の、学生イメージを調査したそうです。

あくまで人々のイメージですから、実際の学生、また個々の学生には必ずしも当てはまらないことでしょう。ですが、人々がこういうイメージを持っているということは興味深いと思いましたので、ご紹介しておきます。

~~~~~~~~~~~~~~

調査では学生の印象を22の選択肢の中から挙げてもらったが、断然トップの大学があるのが「独創的」という項目。京大が34.0%で2位の立命館大を19.1ポイントト引き離した。・・・

京大は「知識が豊富(58.2%)」「まじめ(49.8%)」「技術が優秀(37.6%)」も1位だったが、これらの印象は同じ国立の大阪大、神戸大と共通する傾向。“お勉強”ができながら、「型にはまらない」でも私学を抑えて首位というのが京大らしい。・・・

存在感で京大に次ぐのが同志社大。「裕福(36.0%)」の項目でトップで、「おしゃれ」「社交的」という印象も強い。英学校に起源をもつだけに「語学に堪能」でも京大に迫る2位。「バランスがよい(15.6%)」でも1位だった。同じキリスト教系の関西学院大も似た傾向で、「おしゃれ」で首位に立つ。・・・

ほかの私学も個性がうかがえる。関西大は「社交的(28.3%)」、京都産業大は「ユーモアがある(18.1%)」、近畿大は「野性味がある(15.1%)」でそれぞれ1位。これに対し阪大、神大は「まじめ」を挙げる人が最も多い。・・・

同志社は「スポーツで活躍している(40.3%)」でトップ。「国際性が高い」「自由な校風である」も上位だ。立命館は「社会に開かれている」で京大を抑え、同志社と同率首位。・・・

http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/news000092.html

~~~~~~~~~~~~~~

私は首都圏の大学のイメージがほとんど無いので、それをちょっと知りたいな、と思いました。