FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

先生の忙しいワケ。そしてその解決法?

学校の先生方は大変お忙しいようです。授業とそのための教材研究だけではなく、さまざまな仕事を抱えていらっしゃいます。そのために子どもとの触れ合いの時間は削れられてしまいがちです。                                              保護者はそのお忙しさを想像はできても、知らないことが多いものです。いろいろな書類の作成もおありのようですし、職員会議もたびたび開かれます。

学校には校務分掌といった制度もあります。校務分掌とは「教育活動を円滑に進めるための事務の分担のこと。学校によって名称や設置数は異なるが、時間割の作成や学級編制などを担当する「教務」、進学や就職を指導する「進路指導」、入学式などの式典や卒業生名簿作りを担当する「総務」、校内での負傷事故への対応や清掃指導をする「保健」など、多種多様な仕事がある。」                                 その分掌をポイント制を取り入れて、負担に偏りをなくす試みをした学校があります。少し古い記事(2006年11)ですけれど、お読みになってみられてはいかがでしょうか。http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/renai/20061124us41.htm

また群馬県では、 成績表の記述だけでは生徒の細かい学習習熟度は分からないため、進級・進学した後は活用できないという不便さをなくすために、学習履歴を管理できるソフトを県教委が開発するそうです。こういったソフトを利用することで時間を節約し、あいた時間を子ども達と接する時間にしてほしいということです。(情報漏れには気を付けてもらいたいですけど) http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news2/20080211wm00.htm?f=k

子どもを育てるには、育てる側に気持のゆとりが必要だと思います。でないと、じっくり、かつ温かく子どもと接することがなかなかできません。それは母親ならば十分に実感していらっしゃることでしょう。                                 少しでも先生方がゆとりを持てるようにと願っています。

スポンサーサイト



兵庫県丹波市で見つかった恐竜の化石 -丹波竜ー

2006年8月に丹波市で発見された恐竜の化石の発掘が進んでいます。全長20mの大型恐竜のようで、全身の骨格が発掘される可能性もありそうです。

今なら発掘作業を、少し離れた場所から見学できるようです。一度、お子様と一緒に見に行かれてもよいのではないでしょうか。http://www.tambaryu.com/

去年の記事ですが↓ http://www.asahi.com/science/update/0626/OSK200706260068.html             丹波竜↓ http://www.geocities.co.jp/NatureLand/5218/tanbaryuu.html