FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

サマースクール情報/英語保持の教室 & 塾/予備校

関西には外国人学校もいろいろあります。ファミネットの情報ではWASC認定があるか、またIBが取れるかなどが載っています↓ http://www.faminet.co.jp/d_guide/d_kkk/kkk5_13.html                         他にも以下のようなサイトで一覧表を見ることができます↓   http://www.ne.jp/asahi/m-kyouiku/net/schools.htm                                                                           http://www.ih-osaka.or.jp/enjoy/jp/education/04.html                                                                           さてここからが本題ですが、こういった学校でサマースクールをしているところがあります。ですが、こういったカネィディアンアカデミー(カナディアンアカデミー 中・高もあり)や聖ミカエル神戸ドイツ学院(英語もあり)、京都インターナショナルスクールなどのプログラムは日本人向けではありませんので、6月や7月初めから開始しています。


次に、英語保持教室を御案内いたします。英会話の学校でも帰国生徒向けの教室を持つところもあります。それらの中でサマープログラムを持っているところに☆印を付けておきますので、内容は検索をなさってみてください。                                                 学費は通常の教室の概算です。月謝払いだったり、学期毎に払うところが多いです。帰国されたら、HPを十分お読みになった後、御自分で実際に足を運んで、よくご覧になって選択してくださいね。                                            


(文字で十分学習していない幼稚園児や低学年では、保持はなかなか難しいと思いますが、一緒に絵本を読んだりなさってみてくださいね。                                       周囲が英語環境でない中で、週1回の授業だけでは、それほど保持伸長は期待できないと思います。家庭でのサポートが必要かもしれません。でも嫌いになってしまっては元も子もありませんので、無理は禁物です。興味を持続させることが大切ですよね。)

【大阪】                                                              ☆海外子女教育振興財団「外国語保持教室」(大阪・神戸 小学1年~中学3年 土曜 14時~17時40分(教室によって若干異なる)  1回あたり4千円弱                                                             ☆千里国際学園 土曜学校(北千里) 小学1年~6年 土曜 9時~3時 1回あたり1万円程度                                       ☆大阪YMCAインターナショナルスクール(弁天町) 年少~小6 土曜 9時半~3時半 1回1万円弱程度                                                                 タイムイングリッシュスクール(神戸岡本・豊中・奈良 子供 週1回45分 4000円弱                                                                  ハウディ外国語学校(枚方市樟葉) 帰国生保持教室 他に同志社国際・立命館宇治・附属桃山向けライティングクラスあり

【京都】                                                            同志社国際 DIVE(京田辺市) 小学3年~6年 土曜 9時半~3時 1回あたり1万円程度                                                   ☆立命館宇治 RitsKids(宇治市) 小学1年~6年 土曜 9時~3時 1回あたり1万円程度                                                  京都インターナショナルスクール 英語教室(上京区) 年長から中3 火曜~金曜 放課後4時~6時 1時間2000円 

【奈良】                                                                   タイムイングリッシュスクール(神戸岡本・豊中・奈良) 子供 週1回45分 4000円弱

【阪神間】                                                                                                                  タイムイングリッシュスクール(神戸岡本・豊中・奈良 子供 週1回45分 4000円弱                                                anup(西宮北口・神戸岡本・宝塚逆瀬川) 小~高 60分 3000円強                      ☆AIE英語専科(御影・芦屋) 小学生~高校生                                    ☆NCC(夙川) 幼児~高校生 個別対応もあります。英語に関する本や色々なグッズも取り扱っています。(英会話教室のHPは見つかりませんでしたが)                                                                                  ☆聖ミカエル国際学校英語科(神戸市中央区) 小学生 月曜 4時半~6時 1回3000円強                                       ☆海外子女教育振興財団「外国語保持教室」(大阪・神戸) 小学1年~中学3年 土曜 14時~17時40分(教室によって若干異なる)  1回あたり4千円弱                                                                                                                         

------------------------------------------------------

受験に関しては                                                          (株)総合進学セミナー(大阪市北区) 帰国受験・一般受験(小学生~高校生) 海外へPC使用の指導や帰国後の家庭教師                                                            アップ教育企画 個別館(阪神間) 難関中高受験個別指導、帰国受験個別指導                                            SAPIX(サピックス)(西宮北口) 難関中高受験、難関帰国受験                                                    FIA国際教育アカデミー(大阪市西本町) 帰国受験(小学生~高校生)                                        ハウディ外国語学校(枚方市樟葉) 同志社国際・立命館宇治・附属桃山向けライティングクラス                                                                   トフルゼミナール(大阪駅前第3ビル)   AO入試、帰国受験(高校生)               代々木ゼミナール(大阪江坂)       帰国受験(高校生)                                                                                                               

スポンサーサイト



どこでも当初は大変。でも、きっと大丈夫!

首都圏の方からメールを頂きました。
帰国子女の多い首都圏に帰られても、当初は大変なようです。
体験談をいただきましたので、了解を戴いて掲載させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
帰国(中2)当初、「帰国受け入れ校」として有名な公立に越境を申請したら、
断られました。「以前と違い、今は帰国に対して、特別なことはしていない」
と言う理由で「校区の学校にどうぞ」と言うことでした。

結果としてはそれが正解だったんですが。最初はやはり「帰国生が多い」
と言う理由だけでも、すがりたかったのです。

子どもはキンダーからアメリカ現地校におりました。補習校も無い田舎です。
日本の中学生活はそれはそれは不安でいっぱいでした。

幸い通った中学は徒歩10分以内と、便利。徐々にお友達も出来、担任にも恵まれ、今年の卒業式は感無量でした。
勿論、入学して3ヶ月ほどは、親子で涙したものですが・・・・・。

今は帰国枠で受験した高校に通っております。
新しい環境って、最初の内の苦労は当たり前のようです。
目下本人は友達作りや勉強で、楽しみも多いけど、悩みも多い、
と言った生活です。  


                               (by 藤尾)