FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

10年で大学合格数が伸びた高校

少子化のあおりを受けて、高校もいろいろと工夫を重ねています。その一つの方向性として大学合格数を増やすというものがあります。以前はさほどでもなかった学校が、今は大きく数を伸ばしていたり。 親は自分の頃のイメージを持ったままですが(特に海外にいらっしゃるとそうだと思うのですが)、ずいぶん変わってきています。


その参考となるものが、ネットで出ていますので、一応、目を通しておかれてもよいかもしれません。サイトを御紹介しておきます。別に合格者数だけが大事なのではなくて、やはり具体的にどういった教育方針・内容なのかが大切なのですが、今時の状況を知っておくことも必要でしょう。思い込みは良くないと思いますので。


http://www.univpress.co.jp/top_img/koukou350.pdf (4ページ以降が西日本です。前半は東日本、最後の方は九州)                                                                 例えば、伸びが大きいものに、私立では履正社・清教学園・須磨学園・大阪薫英など。公立では北摂三田・西京・嵯峨野・堀川・神戸・石山など。


なお、全国の殆どの高校の大学合格者数を載せた本として、毎日新聞社から出ている「大学入試全記録 高校の実力 完全版」といった雑誌もあります。なかなか手に入りにくいようです。大手の本屋さんなら置いているでしょう。http://www.7andy.jp/magazine/detail?accd=T0092179


それよりお手軽なのは、サンデー毎日の4月中旬に出る号です。4月22日号などは上記のものと同様ですが、載っている高校数と大学数が少し少なくなっています。http://www.mainichi.co.jp/syuppan/sunday/backnumber.html


ま、一応、ご参考までに。 思い込みではなく、幅広い選択肢から、子どもさんに合う学校を選んでくださいね。(特に日本人学校出身者の方)

スポンサーサイト