FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

海外での日本語保持伸長

海外で現地校やインターナショナルスクールに通わせている場合、日本語の保持伸長は重要な課題です。いずれ日本に帰る予定がおありなら、子どもさんに日本語の勉強をさせておくことは必須だろうと思います。                                海外に行かれた場合も、現地やインターで充実した学校生活を送るためには、できるだけ早くその学校で使用されている言語を学ぶ必要がありますよね。同様に日本に帰られたら日本語での学校生活となりますので、海外にいらっしゃるときから日本語の力をできるだけ学齢相当近くまでつける努力をしておいて欲しいと思います。        それには親の賢い言語戦略(?)が必要でしょう。                           


「滞英中の子どもの言語発達」 山本麻子                              



この本はイギリスに住む数多くの日本人家庭を調査して得られた結果から、日本語保持伸長に関する有益なアドバイスが書かれています。                        日本語を保持しながら現地の言葉を習得していくのは簡単ではないけれど、日本語か英語の二者択一を奨励するのはペシミスティックであり理論自体が間違っているし、ニ言語習得を「二兎を追う者、一兎も得ず」といった諺的考え方も誤っていると書かれています。  事実をよく把握するよう努める一方、子供の能力の無限の可能性にも目を開いて欲しいと書かれています。私も全く同感です。親は環境整備に最大限の努力と工夫を惜しまず、子供を励まし暖かく見守ってやる必要があるとも書かれています。これも全く同感です!それにしても、ある程度の時間はかかるということを、著者は述べています。ただ、日本人学校のある地域であれば、短期間の赴任や、ニ言語学習では無理が生じると考えて日本人学校を選ぶということも、家庭の選択としてはありえると私は思います。


親の不安として ・英語の発達が予想外に遅い・英語学習が困難・日本語発達の遅れ・日本語の学習が困難・英語から日本語表現への干渉・日本語と英語の混乱・両言語とも遅れるのではないか・両言語の言語能力査定の難しさ・言語接触時間の短さ・言語方針の選択・同じクラスにいる日本人の多さ 等が挙げられています。


例えば混乱についてですが、これは概ね一時的なものであり、また英語から日本語への干渉は、気付いたらその都度、上手に訂正してやることだそうです。(決して嫌な気持ちを抱かせないように) 家庭内では日本語を使うという方略は家庭の方針で決まるものであって、滞英期間の長短では決まらないということです。海外児童生徒の日本語の保持伸長の状態は、日本の子供以上にばらつきがあるといいます。たとえ短い時間でも密度の濃い日本語接触時間にする努力が大切だということです。


後半はQ&A方式で分かりやすく書かれています。例えば幼児をお持ちのお母さんに対しては、質の良い言語材料をできるだけ沢山揃えて(例えば絵本とか)、子供と一緒に話し合うこと、日本語を話すお友達と触れ合うようにすることと書かれています。男の子が女言葉を使う例に対しては、できるだけ色々な人と対話させたり、ビデオや本を使うことも推奨されています。国際結婚の場合は、父母の言葉を分けて一貫して使い続けることだそうです。学齢期で英語を身につけさせるためには、現地校の先生と緊密な連絡をとること、話し相手になったり教科の内容を復習させてくれる家庭教師を確保すること、子供の友達を家へよんだりして遊ばせることなどが挙げられています。


帰国後の言語的なカルチャーショックについても触れられています。急に豊富な語彙に出会って、知らない言い回しや乱暴な言い方に出会ったとき(関西では海外ではあまり使われていない大阪弁や京都弁・神戸弁なども)戸惑ったり、また丁寧語の使い方が分からなかったり、お子さんの言うことが他の人に期待通りに伝わらなかったりすることがありますが、そういうショックをあらかじめ念頭に置いて適切に対処していくように、というアドバイスもありました。しかし、それは時間と共に解決するでしょう、という言葉はとても安心感を与えてくれます。


スポンサーサイト



マンモグラフィー、受けてきました

私の住む市では、40歳以上になると市民健康手帳を依頼すれば受け取ることができます。電話で頼むだけなので、とても簡単です。それを持っていると、毎年1回、市民健診を最寄の医院などで1300円を払えば受けられます。血液検査や心臓の検査、尿検査など簡単なものですが安心です。


当市では胃がんや肺がんなどのガン検診は、保健センターに申し込むと決まった日時・場所ではありますけれど、格安で受診できます。                                 なお、うちの会社ではそういった受診をするといくらか会社からお金が戻ってくるようです。人間ドックに関しても援助があるようなので、いつか受けてみようかなと考えています。


さて、その市民健診を利用して乳がんの検診を受けてきました。最寄の婦人科で乳がんの触診(300円)をしていただき、異常が無かったので、その婦人科が大きな病院に予約してくれてマンモグラフィーを1700円で受ける手続きをしてくれました。


そして、行ってきました。すいていたので、すぐに受診できました。思っていたほど痛くなかったですよー。2週間後に初めに受けた婦人科へ結果が行くということで、今日、結果を聞いてきました。なんとも無かったそうです。安心!                          皆さんも、ぜひ安心料に受けてみてくださいね。


さてこれから、機会を見つけて、女性の仕事の話なども書いていけたらなと思います。

テーマ:健康
ジャンル:ヘルス・ダイエット
内モンゴルのお話

呼和浩特市内 夫の出張時の写真です
呼和浩特(フフホト)市内                                    
(夫の出張時の写真です)


呼和浩特市の郊外                                        呼和浩特市 郊外の草原


パオ                                        パオ

過日、内モンゴルから来た中国人女性(中国語講師)にお話を聞く機会がありました。  内モンゴルというのは、中国の西北部にあり、モンゴルやロシアと境界を接しています。朝青龍の出身地で、首都がウランバートルのモンゴルは中国では外モンゴルと言われていて内モンゴルとは違います。


中国は西の方が海抜が高く、東は海に面していて低くなっています。中国の西北部にある内モンゴルの西部は砂漠となっており、近年、砂漠化が進んでいるそうですが、砂漠にリフトを設け、ソリで滑る降りる遊びを楽しむ施設もあると、写真を見せてもらいました。しかし草原地帯が多いのが内モンゴルの特徴だということです。


首府は呼和浩特市(フフホト市。面白い音ですね)にあり、北京から空路1時間という近さで、住民の多くは首府や、その近くの盟(州のようなもの)に住んでいるということでした。呼和特市の郊外には黄河が流れています。


いろいろお話を伺った中で、教育のお話がありました。中国は一人っ子政策で、一人の子どもの教育にお金をかけるという考え方が、人々に支持されているとのことでした。働く女性も多いのですが、得たお金を教育につぎ込むことに熱心だそうです。両親はもちろんのこと、おじいちゃん、おばあちゃん、その上、ひいおじいちゃんやおばあちゃんまで、子どもを大切にしているそうで、シックスポケッツどころではないようです。


中国の教育はなんでもストレートだそうで、テストの成績は公表、成績の悪い生徒は皆の前で注意されたりするそうで、日本のようにテストを裏返して返すなどということは考えられないということでした。お国柄はいろいろ違いますね。皆さんのお住まいの国やお住まいだった国はいかがでしょうか。


嫁姑の話が出ていましたが、中国では嫁を息子より大切にするそうです。将来お世話になるのは嫁だから、嫁と仲良くしようとお姑さん達は考えます、と仰っていました。なるほど。


内モンゴルのお話を聞いたあと、ネパールの福祉施設で子どもの教育をされているボランティアの日本人が、ネパールの恵まれない子どもについてのビデオを見せてくださいました。貧しい10歳の女児が妹と一緒に町で野菜売りをしていました。学校には行けないそうです。父親は他の女性と暮らしていて、母親と妹の3人家族で、学校には行きたいけれど、お金が無くていけないと泣いていました。そのビデオはネパール国内向けに作られたもので、自分達の国の中の貧しい人たちを、自分達で助けようと呼びかけていました。日本からの援助も必要だけれど、ネパール国内の人を動かしていくことが大切だとボランティアの方は話していました。それでも日本円で言えば僅かのお金で、子ども達が使うノートや鉛筆が現地で買えるそうですので、少しでも助けられたらいいなあと思いました。

テーマ:中国
ジャンル:海外情報