FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間関係構築と海外移動

タイトルを「人間関係構築と海外移動」としましたが、本当は「空間移動」の方が良いのかもしれません。 ですが、空間移動だとまるで妖術の世界のようですから、ここでは敢えて海外移動といたしました。 日本国内での移動も含まれるような気が致します。

学童期や青年期を通じて、ずっと同じ地域や学校にとどまることなく、移動が繰り返されるような場合、お子さんによってはかなり精神的に安心感を欠いてしまうこともあるようです。 大らかなタイプ、呑気であっけらかんとしたタイプなら、それこそその場その場で、どこででもやっていけるかもしれません。 ですが神経が細やかだったり、勉強などが出来すぎてやっかみを受けやすいタイプだったりすると、精神的にしんどいことがあるようです。 

なにかピッタリしないものを感じた時、自分が人と変わっていておかしなためではないだろうか、と自分のせいにしてしんどくなってしまったり・・・。 そのように自分を責める場合が多いのですが、時には自分の位置取りに困難を来たし、他人との人間関係構築がうまくいかなくなるケースもあるようです。

しかし、それは決してお子さんのせいでもありませんし、そういう環境に放り込んだせいだと親が罪悪感を感じ過ぎる必要もないと思います。 ゆっくりと時間をかけて、人間関係構築のための「心」を育てていく手助けをしていけば良いのではないかしらと思います。

人間関係構築のスキルは、海外と日本で、多少違っているかもしれませんが、人と人の繋がりという点では同じ。 どうぞ、温かな心でお子さんを受け止め、一人でもよいので、理解してくれるお友達を得られますように、と願っております。心穏やかな温かな人は必ず居ますヨ。344

スポンサーサイト
帰国後の違和感・・・親も。

帰国後、子どもが新しい環境でうまくやっていけるかどうか、ってとっても心配ですよね。

さて、いざ帰国してみて、子どもはそれなりに学校でやっていけるな、という見込みがついて、もちろん夫も毎日会社に行ってくれて、でもなんだか自分は日本にピッタリこないなぁ、と思うことも少なくありません。子どもから聞く日本の学校の様子は、海外と違っていろいろ細かな持ち物規制があったり、一斉に揃った活動を求められることがあるようだし・・・。と悶々としてしまうお母様方も少なくありません。自分にぴったりした居場所がすぐには見付けられなかったりもします。

どうぞ、あせらないでくださいね。自分が生まれ育った国であっても、「違うぞ」「おかしいぞ」と感じてしまうのは当然のことかと思います。どうしても、外から目線になりがちです。でも、それを近所の方に言うことはできませんし、古いお友達にも言いにくい。 

帰国した方には、誰にでもありがちなことです。どうぞ、時間をかけてください。 御自分と波長の合う方も必ずいらっしゃいます。 宣伝になっちゃいますが、ピアーズにも仲間は居ますよ-。お手伝いしてくださるのも嬉しいことです。(学校訪問や有償ボランティア、催し企画etc.)

忙しい日本ですが、その忙しさに紛れるも良し、また落ち着いて自分なりのゆったりした生活を送るのも良し。 どうぞ、御自分に合ったやり方で、少しずつ馴染んでいってくださいね。そして、あなたらしく生きてください。コーヒー

出る杭・・・

一昨日のランチで出ていた話題の1つは、「何かができる、ということを皆で賞賛できない日本人」ということでした。一時帰国のお母様も交えて、インターと日本の学校のカルチャーが違うことについて、ひとしきり話し合いました。

「○○が出来る」というと、「すごいねぇ」だの「やってみせて」だの、「私もできるんじゃないかな」などと無邪気に褒め合う外国の文化と、そんなことを言っちゃ自慢してると思われるから、言っちゃいけない、という文化では、かなり違いますよねぇ。 周囲の様子をよく見極めて、謙虚にものを言わないといけない、という日本的なコミュニケーションの取り方を暗に学んだ子どもは、無邪気な行動は取れなくなりそうです。ちょっとしんどいものを感じますねぇ。

二回目の渡航から帰国したとき、日本のお母様方がとてもとても謙虚に自分のお子さんのことをおっしゃるのに、かなり驚いた記憶もあります。「自慢しぃな親」と取られてはいけないようです。共に喜び、共に悩む友人でありたいものですが。

さて以前読んだ本に、「自尊感情」と「他者軽視」(仮想的有能感)について書かれたものがありました。自尊感情の高低は、過去の成功体験に左右されることが多いのだとか。一方、他者軽視という仮想的有能感は、ネガティブな人間関係の経験が多いほど高くなるのだとか。他者を褒めずに、見下げようとする他者軽視の心。そして、そういう他人の心を察して怖れる心。 社会がネガティブなスパイラルに入らないよう、他者を軽視したり蔑視するような風潮は避けたいものです。 お互いに良いところを認め合いたいものですよねぇ。 少なくともピアーズのお仲間は、そんな方達だと思います。 そして、そんな温かな方達は日本社会にも沢山いらっしゃることと思います。238 怖れず御帰国くださいね。

帰国後、こんなこともあるかもしれない・・・

川村カオリさんが亡くなりました。YouTubeの「徹子の部屋」を見たのですが、お母様はロシア人。ロシアで日本人学校に通ってられたそうです。Wikiによりますと1982年に千葉の小学校に帰国したのだそうですが、そこでイジメに遭い、また都内の公立中学でも壮絶なイジメがあったそうです。

その頃、日本では「帰国子女」について、大変騒がれていた時代でもあります。しかし、首都圏でもまだまだこういったイジメがあったのですね。彼女自身は女の子ばかりがグループ化していることに、非常に違和感を感じたと語っていました。ロシアの日本人学校は小規模校で、全員が仲良しだったそうです。おそらく日本の学校では、ありのままの思いを表出すると、美しい子どもだけに周囲からの風当たりも強かったのだろうという気がします。

そんなイジメに遭っていても、人間としてプライドがありますし、ましてや外国人のお母様を心配させまい、と頑張ったのでしょう。それが、ちょっと突っ張った態度というふうに、周囲には取られてしまったのではないでしょうか。そんな子どもの苦しい心情を受け止める人がなかなか現れなかったのは本当に気の毒なことです。

ーーーーーーーー

さて、月刊海外子女教育8月号(’09)の中で手塚文雄先生が、地方都市に帰国する場合の注意を書いておられました。地方都市であっても、温かく迎えてくださる学校もあるでしょうから、杞憂に終わる場合もありますが、書かれていますことは、都会であっても当てはまるケースもあるのではないか、という気がいたしました。

詳しくは著作権もあるので、ここには書けないのですが、少し要約して載せておきます。大いに参考になる内容だと思うからです。

  • 留意点〉                                                                 ○周囲の理解が少なく、帰国児童・生徒の行動について「日本人なのになぜ」と思われてしまう。                                                      ○帰国生といっても、行っていた国も多様、子どもの性格も多様なのに、「帰国生」と一括りに見られてしまう。                                                                                               ○自己表現を積極的にする帰国生に対しては、目立ちたがり屋と思われてしまう。                                                       ○地元の人同士親しいために、疎外感を味わう。                                                              ○日本のやり方に従ってください、と要請される。                                                                    ○在留していた国への偏見的なあだ名を付けられてしまう。                                           ○持ち物の説明が理解できず、忘れ物が多いと思われてしまう。                                                  ○小学校低学年でかな文字の読み書きは当然できると思われてしまう。                                                                                 ○非英語圏からの帰国でも、英語を話すと期待されてしまう。                                                   ○英語の授業がつまらなさすぎる。                                           ○あまり質問をするといやがられる。                                                                                                             ○履修していないところの補習をしてもらえない。 
  • 対策〉                                                        「生活」                                                          ○日本の学校独特のものについて、家庭で教えるか、ものによっては先生に教えて貰うようにお願いする。                                                            ○海外での生活や学習について担任によく伝えておく。中学では他教科の担任にも伝えて貰う。                                                      ○子どもさんの性格について説明したり、海外で必要だった積極性について伝えておく。                                                       ○いろいろな不安を先生に伝え、問題があったときはすぐに連絡してもらい、学校と協力して問題を解決する。                                                         ○学校に一人でも子どもを理解してくれる人を見付けられるよう、子どもを支える。                                                                                                                                                                                       ○中学では部活についても、よく理解して、どういう部活がどういう活動状況であるかを尋ねる。                                                   「学習」                                                                                                                                                        ○小学校低学年では小さな「つ」、小さな「ゆ」や「よ」、助詞の「は」や「を」をマスターさせておく。国語力の獲得に努力する。                                              ○国語以外の教科である「算数」「理科」「社会」についても、現地学習と平行して同じ内容を日本の教科書で学習しておく。                                                   ○帰国後、学校での学習支援が望めない場合は、地方の場合は学校に相談してボランティアによる補習などを依頼する。                                                                                                                          ○帰国後、英語の発音は無理に日本風に直す必要はない。自信を失わないよう、英語の保持に努める。 

公立の学校は、いろいろな人と知り合える機会が与えられます。また地元との繋がりができ、地域に愛着を持つことができます。

親は先生と良い関係を作ることが大切かと思います。お互い人間ですから、相性ということもありますが、互いを認め合おうとする気持ちでコミュニケーションをとることが不可欠でしょう。子どものためなら、良い関係作りに励むことはきっとお出来になると思います。                                                                                                                                                                   

日本の学校と乱暴な言葉

日本に帰国されて、海外の現地校やインターに行かせていたお母様からよくお聞きするのは、日本の子ども達の言葉の乱暴さです。 

テレビや漫画の影響なのか、「死ね」とか「キモイ」という言葉が学校で日常語として交わされたりすることがあります。 アメリカなどではfour letter wordsなどを学校で言うことは固く禁じられています。日本でも先生の前でそんな言葉を口にする子どもは少ないのかもしれませんが、日本社会は比較的、認識が緩いように見受けます。

帰国されて、もし周囲の子ども達がそんな言葉を使っていて、お子様が衝撃を受けられるようなことがありましたら、どうぞお子様の気持ちをしっかり受け止めてあげてくださいね。そして、先生にも上手にお伝えになってみられたら良いのではないでしょうか。

また、女のお子さんが時々、傷つかれるのは、欧米の男の子の女の子に対する振る舞いと違って、日本の男の子は女の子に乱暴だということです。 文化の違いのせいもあるのでしょう。 これも、どうか、うまく子どもさんを導いてあげていただければ、と思います。 もちろん、必要とあれば先生にお伝えになられることも大事でしょう。

さて、中学くらいになると、男性教師の言葉使いや、女性教師でも男性言葉を使われたりなさることに、海外では母親の使う日本語を多く耳にしてきた子どもは、怖さを感じることもあるようです。 「さっさと並べ」とか「期限までに提出せんか!」なんて、他の子が言われているのを聞くだけで、びくっとする子も居るかもしれません。これも、それぞれの国だったり、地域だったりの学校文化なのでしょうか。 簡単ではないと思いますが、慣れることも時には必要かもしれません。

いつもお子様の気持ちを受け止め、そして違いをうまく認識できるように支援なさってあげられますように。 同じ思いを共有できる仲間は、必ず居ますのでネ。

先進国以外からの帰国

この間、お話したお母様は中国から帰国なさった方でした。そのお母様が日本の学校の差別意識について話してくださいました。

先般、日本では中国の食状況に関していろいろな報道がありました。小学生もそういった報道は聞いています。すると、帰国して友達に「メラミン!」と囃されたお子さんも居たそうです。欧米以外からの帰国の場合、今でもそういった軽蔑に似た言葉を投げかける子どもが居るのです。もちろん、どこの学校もどこのクラスもそうだとは思いません。けれど、実際にそんなことを言われる子どもが居るのです。本当に残念なことです。

「中国に住んでいたことはなかったことにしましょう」とおっしゃった先生も居ると、そのお母様は嘆いていらっしゃいました。それは即ち、その子どもの体験を否定することになっているのですが、先生はそのことに気が付いていらっしゃらないのでしょう。過去の経験を引きずるより、良かれと思って言っていらっしゃるという可能性もあります。ですが、そう言われた方は深く傷つくのです。

外国から帰って来たら目立つということで、人によってはいったん違う地域に編入してから、本住まいする地域に移動なさる方もあるのだとお聞きしました。それだと日本国内からの移動ということになって目立たないからという親の気遣いのようです。そこまでしなくてはならないとは驚きました。

十何年も前と同じような状況が今も続いていることが悲しいです。途上国への差別意識、そしてそれを簡単に口にしてはばからない子ども達、そんな風潮にならないように指導することができない教師。残念です。

とはいえ、海外でこのブログをお読みの皆様。決してそんな学校ばかりではありませんし、十分指導力のある心温かな先生もいらっしゃいます。むやみに心配はなさらないように。ですが、そういうことも現実にはまだあるということを、ある程度わかっていらっしゃることも必要かもしれません。

そういった状況をなんとか打開するために私達の活動もあるとも言えましょう。少なくとも子ども達の心のケア、そして親達の気持ちを受け止める場所が必要だなと思います。

体験入学について。

お仲間からメールをいただきました。 体験入学をさせてみて、とても良かったと思われたそうです。 日本人学校に行かせていらっしゃったのですが、日本人学校といえども日本とは異なります。 例えば現地では給食や掃除当番が無かったり。また通学もスクールバスを使ったりします。

現地では春休みが長かったそうです。それで、春休みを利用して体験入学をさせていたそうです。 ですが、突然、帰国して学校にお願いにあがる、というのではなく、事前に準備をなさっていたということです。

まず、体験入学希望を日本人学校にお伝えになりました。 そして日本の学校にお願いをされました。ご実家の近くの学校だったそうです。海外から教頭先生に国際電話をなさったそうです。                                               了承をいただくと、日本人学校教頭から当該校宛てにお願いの手紙を書かれます。 そして実際の日本帰国時に、そのお手紙を持って登校なさったそうです。  再び、海外に戻る際には体験入学先の学校の出席証明をいただかれました。この出席証明によって、日本人学校の欠席を補うことができたそうです。                                                            それぐらい、正式になさったのですね。 現地校やインターに通わせている方にとっても、参考になるやり方かもしれません。

以下は、そのお母様が体験入学をさせてみて良かったと思われた点を書かれたメールです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の考えがすべてとは思いませんが、やはり、お子さんが帰られたとき、機会があれば体験入学が必要だと感じました。
 
たとえ、公立に進まなくても、生活は日本ですし、学校を離れると日本社会ですので、人(友達)との関わりに慣れることは大切だと思います。
 
体験入学先にもよりますが、日本の学校生活は参考になりますし、子供も帰った時に友達がいるという気持ちがあると、会える楽しみもありますしね。
うちは、通うところが体験入学先ではなかったのですが、帰ったところの小学校がどうしようもなく荒れてたり、いじめなどで子供が大変と思った時のもう一つの選択肢ということで行かせてました。幸いその必要はなかったのですが。
 
うちのように日本人学校出身者でも、帰国後不登校になっているお子さんはいて、お父さんがまだ現地に残ってらっしゃるので、お子さんを連れてまた戻られたご家族を知っています。友人も帰国後が心配ということで、帰るところがわかっているので、そこへ毎年体験入学させている方も知っています。

現地の休みの時期や事情にもよりますから、どの方もできるわけではないですが。

うちは、体験入学したことを作文にし、それが日本の新聞の海外版に載ったので、新聞ごと日本の学校に御礼状も添えて送りました。学校もすごく喜んでくれて、朝礼で読んで下さり、お世話になったクラスはコピーして配布してくれたようです。
子どもにとっては「帰国」ではなく、「渡航」

海外に住んだ子どもにとっては、日本への帰国は「渡航」でもある、ということをお母様は理解しておいてあげてくださいね。小さい頃から海外に育った子どもは特にそうですし、そんなに長期間ではないとみえても、子どもにとっての数年間は、とっても長いものなのです。

違和感をそのまま受け止めてあげてくださいね。そして、上手に対処してあげるとともに、「待つ」といういことが必要な場合もあります。 私達も一緒に考えます。

海外で環境を受け止め、一生懸命暮らした経験が私達にはあるのですから、日本でもきっと大丈夫です。本当はお子様もお母様も強いのです。

♡ ♡ ♡ ♡ ♡

お母様自身にとっても、長く住んだ日本のはずなのに、なんとなく居心地の悪さを感じることも大いにありますよね。 私達ピアーズの仲間達も、皆さん、多かれ少なかれそういう経験をしていますし、何年たっても、心の中に小さな違和感を持っていたりもいたします。                                                                            どうぞ、そんな時は、ぜひピアーズにお越しになって、気持を打ち明けてくださいね。同じ心持をシェアできる場所だと思います。お待ちしていますね。  日本を一緒に楽しみましょう。

帰国子女と帰国後の葛藤  ~あるメルマガより~

私が取っていますメルマガの今日の記事は、帰国子女の苦しさについて書かれていました。そのことについて、今日は皆様と一緒に考えてみることができればと思います。

まず書き出しは、長く海外の現地校で育った知人の知人の子どもさんが、日本の大学入学後に自殺した、という話で始まりました。 その原因をメルマガ作者が知っているわけではありません。 ですが、作者はカルチャーショックも一因ではなかったか、と推察しています。 日本語の文章が満足に書けなかったと聞いたのも、そう推察した理由です。 (日本語作文が不自由でも入れてくれる大学は、そう多くはありませんし、その場合はケアをしてくれるところもありますので、そういうところを探した方が良いかもしれません。)

作者は、日本のルールが彼が生まれ育った地とは全く違っていることに、苦痛を感じたからではないか、と考えました。というのは、作者自身が日本の高校を出た後、海外の大学に進学し、帰国して日本の会社に入った時、入社研修で皆の前での発表を求める講師に応えて、手を挙げて発表した時の経験を思い出したからです。発表を終えて席に戻ると、周囲の雰囲気が変わっていたとか。 発表後の検証では、周囲に当てこすりめいたことを言う人も現れ、日本のルールを思い出したそうです。「出る杭は打たれる」。高校まで日本で育った作者は、すぐに切り替えることができました。

作者は「出る杭は打たれる」を決して悪いことだとは考えていません。それは、周囲に配慮をする、という日本式のルールであり、そのことには欠点もあれば長所もあると考えています。サッカー場でラグビーのルールでボールを持って走らないのと同じこと、と書いています。

そういった日本のルールを身につけさせるために、海外生まれの自分の子ども達は日本人学校にやらせている、とのこと。インターにやらせる、などとは考えたこともない、と言い切っています。 英語は大きくなってからでも身につけられるし、日本人式発音でも中身さえしっかりしていれば、海外では通じる。でも、見た目も喋り方も日本人でありながら、日本のルールを知らないままでは、日本人としては苦労するに決まっているから、ということです。 もし、日本人学校の無い地域に赴任するようなことがあれば、できるだけ日本の教育や日本の社会に触れる機会を作るだろう、と述べています。

メルマガ作者が言うには、「まずは日本人としてのルールを先に会得させておくこと」。そうすれば、外国のルールを学ぶこともできる。そして同時に、「日本のルールをネガティブに捉えないこと」とも書いています。サッカーもラグビーも楽しんで欲しい、というのがメルマガ作者の子ども達への願いだということです。

皆様は、どのように考えられますか。 与えられた子どもの運命の中で、どのような生き方をさせてやりたい、とお考えですか。そして、それをどのように支援なさいますか。 

公立中学に入る方へ (英語圏やインターからの帰国)
この6月に海外での生活を終えられて、日本の公立中学に編入なさった方も少なくないと思います。
特に英語圏現地校やインターから帰国された子どもさんにとっては、公立中学での英語の授業はちょっと心配なものかもしれませんね。
 
お仲間からそういった方に対してアドバイスがありました。
 
『まず、英語の発音ですが、時々、先生によっては見本の発音として帰国生徒の本を読ませることがあります。それがちょっとイヤだなと思われるような場合は、前もって担任を通じてお願いしておかれるといいかもしれません。あまり目立つのを好まないので、とか、シャイなタイプなので、などとおっしゃるとよいかもしれません。
 
また、日本のテストに早くなれるため、日本の文法を徹底的にこの夏休みに勉強してください。
関係代名詞、仮定法過去、受動態という言葉がわからずに、最初は、満足にテストができないこともありますので。それから、ピリオド、カンマ,アポストロフィーなどをきちんと書くように、気をつけてください。
 
アメリカで10年近くいて英検1級、TOEICはほとんど満点近い点を取って帰っても、帰国したばかりのころ、英語の点は決して良くなかった人もいます。
日本のテストに慣れてきて、ようやく点が上がり始めたときに、先生から「○○さんは、英語ができるんだねぇ」といわれたそうです。
 
英語の成績が4だった方は、お母様が先生に話に行きました。すると先生は、「授業中に手をあげて発言する回数が少ないので、」ということでしたが、子どもさんに尋ねてみると、「みんながわかる問題に、自分が手をあげても当ててもらえない。かといって、自分ひとりが手を上げたら、先生はもうちょっと考えてみようといって、自分には当ててくれない。」と言ったそうです。そのことを伝えると、次からは、成績表に5がついたそうです。
 
疑問に思われた点は、直接先生とお話された方がいいと思います。
もちろん、先生が不愉快に思われるような言い方ではなく、子どもの思いを分かっていただけるように伝えてください。』
 
また帰国の先輩のお嬢さんからは、発音に関してこんなアドバイスがありました。
 
『公立中学に入ると、発音をすごーいだとか、かっこいいだとか、もしかしたらねたむ子もいるかもしれない。それがいやなのであれば、発音を偽るのは面倒くさいことだと思うけど、偽ってもいいのではないかと思う。 けど、それは、克服する必要もいつかはでてくるので、今、発音を披露してしまって、日本人の子達に適応することも大切だと思う。』
 
がんばってくださいね。
小学校の英語授業と帰国児童

このブログの10月9日の記事の一番下に、現在、行われている小学校の英語教育と帰国児童について少し書いています(http://peerskansai.blog85.fc2.com/blog-date-20071009.html#pagetop)。今日はそのことの、もっとシビアな事例について書いてみたいと思います。

小学校の時から、日本語以外の言葉、特に英語に親しむために英語ネイティブの先生がALT(Assistant Language Teacher)として月1回程度、授業をされることが公立小学校でも普通になってきました(ただし1学期間とか半年という場合も多いようです)。公立小学校に英語の授業を入れることには賛否両論ありますが、今のところは成績はつけずに、あくまで外国語に親しむ体験という形で行われています。そういうわけで、お遊び程度から脱するのはなかなか難しいようです。

ところが、その「英語ネイティブによる授業」が帰国子女にとっては、結構大変なこともあるそうです。以前は中学の英語の授業で、目立つことに対する忌避がよく言われていましたが、この公立小学校の英語の授業が、今度は新たに帰国児童にとっての問題になってきているようです。

「あの英語体験授業はガンだよな。たとえ質問されて、答が簡単に分かっても絶対言えない。そんなとこで目立ったら後でなに言われるか分かったもんじゃない」といった声が帰国児童から上がっているということです。英語体験授業のあとに「アメリカ人はあっちへ行け」とか「あー外人だ」などと囃し立てられたというケースもあるようです。年齢が低いだけに、よけいに躊躇無く囃し立てるのでしょう。先生にそのことを話し、本人も嫌がっているので、見かけたら注意して欲しいとお願いしてみても、「どっからどう見ても日本人なんだから、アメリカ人と言われて、何がそんなにイヤなのでしょう。ちゃんとお子さんも言い返していますよ。言ってる子ども達も悪気があるわけじゃないんです。口は悪いけど根は本当にいい子ばかりですよ」と言われたり・・・。

先生の人間としての感受性をぜひ磨いていただきたいと思います。親はなんでもかんでも先生に申し上げているのではなく、意を決して子どものためにお願いしていることも多いのです。囃し立てる子ども達が根っから悪い子達だと考えているわけではないのです。発達途上なのですから、まだまだ人への思いやりの気遣いができないこともあるのでしょう。それを是非うまく導いて戴きたいと存じます。                                                                                                                                       こういった子どもの声や保護者の声を、ちゃんとお伝えしていくのが私達「ピアーズ@関西」の役目の一つかなと思っています。

海外でこの記事を読まれて、不安になっているお母様たちへ。                              こういったケースは、別に必ず起こるというわけでもないと思います。「英語ができてスゴイね」と素直に感心してくれる児童のいる小学校もあるでしょう。どちらかというと英語への関心が高い教育熱心な地域で、子ども達が受験などへのストレスを発散することがあるのかもしれません。 ちゃんと分かって対処してくださる先生も沢山いらっしゃると思います。                                   どんなことでも必ず起こるというわけでもありません。こういったことも有り得るということだけを分かって、子どもさんの様子をよく見ておいてあげてくださいね。

公立小学校の英語教育

最近、どの地域の小学校でも英語教育が取り入れられてきています。1ヶ月に1回程度は英語ネイティブの先生が来てくださったりする公立小学校もあります。


英語圏からの帰国児童にとっては久し振りにネイティブと話せる楽しい機会でもありますよね。また先生も、帰国児童の英語力維持の手助けをしてあげたい、という気持ちもあるのでしょう。帰国児童とつい、話が弾みます。すると・・・、時によっては普通の日本人生徒のやっかみが入ってしまうこともあるそうなんです・・・(涙)。お仲間の一人がそんな話をしてくださいました。 


なるべく早く、そういうことに気付いた時点で担任の先生に、ネイティブの先生が皆の前で帰国児童と英語であまり話し込まないようにして欲しい、とお願いしてみたほうが良い場合もあるようですよ。


ちょっと気をつけておいてくださいね。                                  公立小学校に英語教育が無かったついこの前までは考えられなかった新しい現象ですよね。


                        

初めての出会い ー 親と先生、子どもとお友達

帰国して小学校に入られた場合、担任の先生が子どもをよく理解してくださるかどうかで、ずいぶん親子の気持ちが違ってきます。もちろん中学でもそうなのですが、小学校は殆ど全教科を担任が見てくださるので、影響はより大きいでしょう。


いろいろな先生がいらっしゃいますけれど、親としては子どもの状況をうまくお伝えになってくださいね。あまりくどくどと説明するのもよくないかとも思いますけれど、こういうことは出来ないかもしれませんので、親子で努力いたしますが、宜しくお願いします、というふうにおっしゃったらいかがでしょうか。


先生という職業の人たちは、基本的には人を助けることを喜びと感じてくださる方々だと思います。ですので、困っている状況を、助けていただくようにお願いしてみてくださいね。


さて、子どもさんが初めて日本のお友達とつきあうときですけれど、特に現地校やインター出身の場合は、英語が話せていいなあ、とか言われるかもしれません。そのときは、英語は話せるけど、知らない日本語もたくさんあると思うよ、とか漢字はちょっと苦手なんだ、というふうに、できないことも伝えるといいんじゃないかしらと思います。


また英語を話してみてよ、など言われることもありますよね。うちの場合は、ちょっとヤンチャな男の子にそう言われたみたいです。それで、ちょっとした口調のいい「おたんこナス」的な言葉を、意味を伝えて教えると大喜びをしてもらえたとか。うまく対処することが大事なのかもしれませんね。


アジアや途上国から帰国された子どもさんは、たまにバカにされることもあると聞きました。それは、あまり気にしなくていいのよ、とお母様からおっしゃってくださいね。これからの時代、アジアや途上国との付き合いも非常に大切になってくるのは明らかです。そういった国を知っていることこそ強味なのです。将来的にはきっと役立つと子どもさんがわかっていらしたら、そんなに気にならないのではないかしら、と思います。


もし、帰国後のお悩みとかがありましたら、掲示板も設置していますので書き込んでみてください。どなたかから良いアドバイスがいただけるかもしれません。               ピアーズ掲示板→ http://bbs4.sekkaku.net/bbs/peers.html

「いじめと現代社会」 「いじめの社会理論」 内藤朝雄 著

内藤朝雄氏は「ニートって言うな!」の著者でもあります。                  まず「いじめと現代社会」(2007年2月発行)について。この本は大変読みやすいです。1章では本田由紀氏との対談、5章は宮台真司氏との対談になっています。4章は国家について述べています。


                              

「はじめに」で書かれているのは、社会には二つのタイプがあるということです。他人の振る舞いや態度をつつく人に満ちた社会(「教えて治に至る」タイプの社会)と、そうでない寛容な社会(リベラルなタイプの社会)です。前者では特定の善い生き方を他人に押しつける社会で、人の目を気にして生きなければならない精神的な売春に満ちた社会です。リベラルな社会では、必ずしも共感し合えたり理解し合えたりできるとは限らない十人十色の「善い生き方」が不透明に奥行深く分布します。生活の質(QOL)を高めるためには、こういった右でも左でもないリベラリストの独立勢力が増すことが必要なようです。


1章では暴力系のいじめとコミュニケーション操作系のいじめがあるという話がされます。男子では暴力系のいじめが多く、女子ではコミュニケーション操作系が多いということで、暴力については告訴といったような方法で、コミュニケーション系については学級制度を廃止するといった方法で、「他の人と親しくすればよい」というような閉域を開く方法が提案されています。本田氏は最近、若者の間でコミュニケーション系の圧力の結果、「場の空気を読めないヤツ」といった言い方が出てきているといいます。また「勉強はわけのわからないことに慣れる練習だ」といったような、若者を不条理や矛盾に耐えさせる言説を憂慮しています。内藤氏は親が親であることを忘れて「教育」に欲情すると、子どもは親を失って教育施設の孤児になると言います。教育は「望ましい(とされる)チャンス空間の提供」であるべきだといいます。ベタベタした「教育」ではなく、学校は単に能力の養成の場ということなのでしょうね。


2章では社会をあげての、青少年ネガティブキャンペーンが張られていると言います。「犯罪の増加」「ニート」といったものがそれです。また右派と左派それぞれが、個々の論点を論じるのではなく、すべての論点を抱き合わせセットにしてしまっているといいます。例えば左派の人権擁護弁護士が山口の母子殺人事件で容疑者の死刑を免れさせた時にガッツポーズを取って、人権の何たるかという基本を外してしまったと言います。また、それを右派は利用して人々を煽ろうとすると。内藤氏は人間の尊厳や人権をすべての基本として考えるべきであって、理念的には死刑に賛成だが技術論的には反対なので、終身刑をつくるべきだと唱えます。


3章では2章にもかなり通ずるところがあるのですが、社会が、そして大人が青少年に対してネガティブなイメージを持ってきている。その一例が、より厳しくなった地方自治体の「青少年条例」に見られるといいます。むしろ現代の青少年は優しく穏やかになってきているのにもかかわらず。戦後日本では、国家というよりも学校や会社といった中間集団共同体に全体主義の座が移動したと著者は述べます。右翼も左翼も自分達が主張するものを理想化し、異なるきずなを生きる人々を本来の姿から外れていると批判し、本来の人間の姿を取り戻すための社会変革を目指すという、まさに「地獄への道」は善意に敷きつめられているというわけです。著者は一人ひとりが自分の最適な姿を求めて生きるようなきずなユニットのチャンスに恵まれた社会こそ、自由な社会だと考えます。


4章は少し長いのですが、現在の日本の社会の右傾化傾向への危惧を書いています。人権、自由、平等といった西洋の価値を価値下げして、日本らしい文化を入れようとする動きを懸念しています。著者は国家を一人一人の人間の共存と福祉のための公共財である機械装置と考えています。それに対して国家を一人一人の人間の生命を超えた、より高次の集合的生命とする国家観があり、それは時に人を狂わせる興奮剤になってしまうといいます。普遍的なヒューマニズムという超越性に準拠した社会秩序がメイン秩序として有効に作動し続けることが、先進国には絶対必要な機能要件と著者は考えます。「なぜ人を殺してはならないか」に理由があることこそ怖いことなのです。「友か敵か」「愛する者か、憎む者か、無関心な者か」といった原自然感情を超えた普遍的な超越性に準拠した社会秩序がメイン秩序として有効に作動し続けることが先進国には絶対的に必要な機能要件である、とも語っています。


最終章である5章は宮台真司との対談になっています。ここでは様々な社会事象、とりわけ人間関係について議論が交わされます。しかし、二人に共通して感じられるのは、自由闊達さです。精神的売春を強いる社会に抗うという点では非常に似ています。そして二人は「永遠に暫定性の地平で踏みとどまるタフさが倫理的に大切である」ことに共感します。「不完全な社会」がダメなのではなく「不完全さに耐えられない社会」がダメだということなのです。


ーーーーーーーーーーーーーーー


さて、いじめについては、もう一冊の本「いじめの社会理論」(2001年7月発行)で詳しく分析されています。また近いうちにレジメを書いてみます。


(最近、学校訪問で忙しくしています。近日中に書きたいとは思っているのですが・・・)

テーマ:いじめ
ジャンル:学校・教育
塾で帰国生徒を教える立場から見て。(寄稿)

お仲間の一人が、塾で指導をされているのですが、帰国児童・生徒を担当したことがあるそうです。そこで寄稿をお願いしてみました。とても参考になると思います。


****************************************                              


小学生の間何年か英語圏で暮らしていたという子供を数人教えていた経験があります。アメリカ、シンガポール、オーストラリアと国は異なりますが、やはり共通点が見出されます。

これは、仕方がないことなのかもしれませんが、どうしても学習習慣が身に付いていないことです。                                              楽しく学習するという外国の勉強体制は素晴らしいのですが、日本に帰国した後にはシビアな現実が待っています。まず机に向かって座る事から始めないといけない子もいます。   漢字ももちろん弱い、、、、日本の歴史や地理もあいまい、、、、       そして、唯一修得していたはずの英語も日本に慣れていくうちに全く忘れてしまう、、、などです。

 

これは、子供の学習能力の違いもありますが、親のフォローなどによりかなり改善されると思います。

前述のように外国生活で起こりうる悪い点ばかりを持ち帰るのではなく、自分の意見をはっきり言える、他の国の歴史や文化を知る、他の国の言語をしっかり修得するなど帰国子女の良さを前面に打ち出していける子供に成長させて欲しいと思います。そういう子供達もたくさん知っています。

其の国でいい友達を作り、外で習い事をしたり、読書(日本のものも、其の国のものも)をすることなどが大事です。

ただ、家族でいろいろな所へ旅行をして海外生活を終えるだけというのは止めて欲しいと思います。帰国後はなるべく早く日本の勉強と既得した言語の維持を両立できる環境を整えることが肝心です。其のためにもどこにどんないい塾や教室があるなど情報を張り巡らせることもお母さんの大切な務めとなります。インターネットや友達の話などにも注目してください。そうすることにより、これから待ち受ける受験にもすばやい対応が出来ることにもなります。

 バランスよく海外で暮らし(具体例はまた機会があれば是非書いてみたいと思います)、帰国した後にはあらゆる分野で個性を生かした活躍が出来る子供に成長していただけることを願っています。子供の努力とお母さんのサポートが実を結ぶ時が来ることを楽しみにがんばりましょう。

                         (by ミルキー)                           

日本語を、どの程度させておいた方がいいの?

「日本語をしっかりやらせておかなければ、帰国後、困ります。できれば、日本人学校があるところなら、日本人学校がいいです」という意見を耳にします。それは、ある程度正解なんですが、私は「断定はできないんじゃないか」と考えています。


日本では、日本語が大事。当然ですよね。例えばアメリカにいけば英語が大事ですし、できるだけ現地の方に追いつくよう努力します。日本では日本語で教育を受けますし、帰国が確かなら、日本語をできるだけ学齢近いレベルに持っていっておいたほうが、帰国後がラクです。日本人学校を勧める方は、渡航後も帰国後もストレスが少ないという気持ちからの発言で、ある意味、大変子ども思いなのかもしれません。ですから、その選択も良いでしょう。


しかし、日本人学校がないところもありますし、家庭の選択によってインターや現地校ということもあります。さてその場合、どの程度、日本語を勉強させておいたほうがいいの?ということになります。もちろん、余裕があるなら、できるだけ学齢レベル近くです。でも、英語なり現地の言語で思考力が十分育っているなら、大丈夫とも言えるのです。


日本語や日本の学習がかなり遅れているけれど、それがOKな場合というのは、日本で十分にケアできる学校を選ぶか、親がケアできるなら(家庭教師や塾を使うという方法も含めて)、という条件がつくと私は思います。                                                ところで、現在の関西の学校状況を考えるなら、そういった学校を選ぶのは厳しいものがあります。例えば、日本の勉強がかなり遅れて帰国した小学生の場合、従来は神戸大学附属住吉小学校が非常に頼りになる学校でした。しかし、いずれ、そう遠くない将来に、附属住吉小は明石に移転合併すると言われています。帰国子女学級が存続するのかどうかは微妙ですし、明石は関西ではかなり西部になってしまいます。                                                      では、中学生以上なら?ということになりますと、十分なケアのある学校というのはやはりかなり少なく、神戸大学附属住吉中(これも、いつまで帰国子女学級が続くのかは不明)や京都教育大学附属桃山中の帰国子女学級はかなり頼りになります。しかし、あとは皆、他の帰国児童・生徒とともに受験するということになるわけです(上記の両校は受検はありますが、基本的に援助を志向しています)。となると、とても良い学校なら、そこで帰国子女同士の競争が生じてきて、その結果、学校としては、今、日本語が十分できなくても将来学力が伸びそうなポテンシャルのある子ども、すなわち英語であれ現地の言語であれ、思考力があると感じさせる子どもが欲しい、ということになってくるのです。                                                 ですから、ただ単に英語や現地の言葉が喋れるだけ、といったような場合、有名校への入学は難しいのです。有名校でなくても、それはそれで私はいけない、とは思っていませんし、いくらでも挽回の方法はあると思うのですが、多くの親は自分の思っていた予想と違っていてガックリしたりするのです。また、日本語ができないのに、帰国受け入れ専門校に入れず苦労することも出てきたりします。他にもいろいろ苦労もあるでしょう。だからこそ、日本語日本語とおっしゃる方が沢山いらっしゃるんだろうと私は思います。                                                   


ですけれど、何語であれ思考力が十分育っていて、またいざとなったら頑張る力を持っていれば、そして人を受け入れ、また受け入れられる子に育っていれば、私はそれほど心配することはないんじゃないかな、とも思っています。そういう子どもなら、受け入れて育ててくれる学校は関西に皆無ではないので。                     


しかし、それにしても神戸大学附属住吉小学校の帰国子女学級がなるなるかもしれないのは、本当に大きな痛手に思えます・・・。小学生の場合は、親のケアでフォローしていくことが必要なのでしょうね。

子どもの帰国後の違和感

このテーマはとても大きくて、一回で語れるようなことではないと思います。でも、絶対に考えないといけない問題でしょう。                                


子ども達は帰国して日本の学校に入ると、やはり少なからず違和感を覚えると思います。それでもお友達に受け入れられていると十分感じられたら、それは次第に薄らいでいくと期待できます。やがて、それを自分のユニークネスとして受け入れ、生かしていくという可能性もあります。


しかし環境によっては、また繊細な子どもによっては、帰国後の他の子ども達の言動によって傷つきます。明らかに不登校になるとか、お腹が痛くなるとか、なんらかのサインを出せば、まだ親は気付いて手助けできたりもするのですが、子ども自身のプライドや親に心配をかけまいとする気持ちが働くと、無理をしてしまいます。ほんとに注意深く見守ってあげてくださいね。もちろん、心配するほどもなく溶け込む子どももいますが、それは性格にもよりますし、良い環境に恵まれた結果かもしれません。ずっと大きくなるまで、心の深いところで傷ついたまま、ということもあるのです。そのことは親ならなにか感じるはずですから、いつか、それを友人にでも親にでも、語ってくれるようになるまで、「100%援助する人が居るよ」という姿勢をもって親はコミュニケーションをとっていかなければいけない気がします。


日本人学校から帰ったから大丈夫ともいえません。欧米から帰った子どもに対しては、その子が個性的であったり、活発であったり、勉強ができたり、何か特徴があるとやっかみが働いたりすることもあるのは容易に想像できます。けれど、日本人学校から帰って、勉強や日本の学校の雰囲気をわかっていると思われても、「先進国でない」とバカにする周囲の子の言動に傷つく子どもも居ます。「日本と違う環境を知っているということだけでも、将来、必ず強味になるんだよ」と励ましてあげてくださいませね。ちょっとした人との違いこそ、後の人生では大切なのですから。自分らしさが分かりやすくていいくらいです。                                                日本の子ども達が自分自身のストレスを、ぶつけてくることもあります。彼らのストレスを親が理解させてあげることで、子どもが彼らの言動を客観的に受け止められることもあるでしょう。


大人になって帰国した親には、こういったボーダーを生きる子どもの辛さ、学校という狭い社会環境で生きるしかない子どもの生きにくさは、なかなか心より理解し共感することはできにくいかもしれません。けれど、いつも明るく前向きに生きていけるよう、自分の居場所を探して見つけられる人間になるよう、自分も他人も肯定して生きていけるよう、どうぞしっかりと子どもの気持ちを受け止める努力を惜しまないでくださいね。もちろん、これは海外においても、同様だと思います。


ご意見、お待ちしています。

テーマ:学校にて
ジャンル:学校・教育
海外での日本の学習、帰国後の学習

海外での学習で最も大切なのは、なんといっても国語(日本語)だと思います。算数・数学に関しては、少々計算のやり方が違っていますが、根本的には変わらないので、それほど心配なさる必要はないでしょう。ただし九々はしっかり覚えさせていてくださいね。私は九々の歌のテープを車の中で聞かせていました。それと日本の子どもは計算は強いですね。百マス計算を遊び感覚でさせておくのも良いと思います。


理科・社会については教科書を一緒に目を通すということでよいのではないでしょうか。日本の勉強は、国語は週2階程度、算数は2週に1回程度、理科社会は1ヶ月の1回程度の頻度でやっていました(小学生1年~6年)。国語は補習校でやっていましたので、漢字や本読みが中心です。それと殆ど毎晩、本の読み聞かせはやっていました(1歳位~小学6年)。私自身も声色をつけたり、楽しんでいましたよ。算数は教科書の問題を全問解かせるということをやっていました。


あとは通信教育のチャレンジでした。私は成績のご褒美にお金や品物をあげたりしない主義ですが、チャレンジの得点シールを商品に換えるというのはやらせていました。ちゃんとできなくても、テストだけは遅れてまとめてでも提出させていました。チャレンジの本の送付だけは、夫の実家に頼んで送付してもらうという厚かましいお願いをしていましたが、お蔭で随分助かりました。今でも感謝です。


さて、こう書いてくると、いかにも「やってました!」風ですが、実態はそうでもありません。結構ズボラなやり方でした。一番大事なのは学びを楽しむ姿勢だと思うのです。きっちりやらせようと、カンカンになるやり方は、最も避けるべきもののように私は思います。


帰国後は、理科社会の知識の不足がありましたが、それは覚えれば大丈夫だったので、まもなく解決できました。国語さえしっかりやっておけば、大丈夫なんだなと実感した次第です。他の科目は多少なおざりでもいいですので、国語だけやらせておいてあげてださいね(しつこいですが)。


帰国後は、どうぞあせらないで欲しいということです。教科書レベルがクリアできれば十分です。沢山の問題集は必要ないでしょう。うちの場合は、チャレンジだけでした。(チャレンジの回し者じゃないですけど)


多くのものを与え過ぎては、子どもはあっぷあっぷしてしまいます。親から見れば少なめかなと思うくらいを確実にさせていくことです。そして達成感をもたせること。私はそれが一番大事かなと思っています。

心配なこと(いじめ&学習の遅れ)

公立の小学校について書いてきましたが、ここで多くの海外子女の保護者の心配事であるイジメと学習の遅れについて、少し触れておきます。


学習については、努力でなんとかなるのではないかと親達はまだしも考えることができるのですが、イジメについては非常にご心配なのではないでしょうか。昨今、ネットで日本の情報はいろいろ入ります。心配はまずます増幅することでしょう。


実際、帰国子女はイジメに合うのでしょうか。1986年に出版された「たった一つの青い空」(大沢周子著、ドラマ「絆」の原作)で帰国子女とイジメの結びつきのイメージが広まったようです。しかし実際のところは、帰国子女ということだけでいじめられるのではないか、という心配は杞憂だったという声を多く聞いています。むやみに心配なさる必要はないでしょう。しかしながら、帰国後、なんだか馴染めないという気持ちを持つ子供も居ることは事実です。また、イジメのような状況が起こらないとも限りません。どうぞ、お子さんの様子をよく見ていてあげてください。なにかあったら、しっかり対処してあげてください。対処の仕方は状況によって異なると思います。よく考えて行動なさってください。私もこれから何冊か本を読んで、イジメについてもっと詳しく知ろうと思っています。最近は携帯やパソコンを使ってのイジメも増えてきていますので、そのあたりは以前と状況が違ってきています。パソコンは親の目の届くところでさせるなど、海外に居る頃から心掛けた方が良いかもしれませんね。日本の携帯はネットに繋がっていますから、十分注意して扱ってください。この辺りもまた日を改めて詳しく書きたいと思っています。


なお、精神的に落ち込んでどこかに相談なさりたいとき、各市にはいろいろな相談窓口があります。スクールカウンセラーを派遣している市もあります。そういうシステムを利用なさるのも良いでしょう。また臨床心理士を養成している大学には相談室があり、大学院生や大学の先生が相談を受けてくださいます。尋ねてみられても良いのではないでしょうか。特に神戸大学や京都教育大学には帰国子女学級もあるので、異文化間の相談もできると思います。http://www4.ocn.ne.jp/~jcbcp/chart_2.html


学習の遅れについても書くつもりでおりましたが、それは次の機会にさせていただきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。